2007年05月01日

5月1日 実篤公園

調布市若葉町に、武者小路さねあつ先生の旧邸宅跡が、そのまま公園として管理されているんですね。私もこうして狛江市民として生活していますから、その存在を知ったわけでして、世田谷住まいのままでしたらとうてい無縁の公園でしたでしょう。
昨日は絶好のウォーキングびよりでしたので、自宅から往復歩いて出かけたしだいでした。野川に沿って実篤公園へ。
昭和30年に70歳で移り住んだという邸宅と、記念資料館を入り口直近に、自然のたたずまいと人工的な造さくを手がけた庭園から構成された公園なんですね。実篤先生自身が、清流と伴にすみたいという希望で、ここ仙川のほとりを選んで住み着いたそうです。お公家様のお家柄ですから、匂い漂うさまは旧華族の名残でしょう。ご尊父さまは、宮中に使え、岩倉使節団の一員として、訪米訪欧したそうです。超エリートの先駆者でしょうか。千代田のお城の小さな杜を、武蔵野の片隅に移したと想起していただければよろしいかと。
庭内に濡れ縁ふうの、お休みされたはずでありましょう御座所に私も腰かけさせてもらいました。いけませんね私みたいなものが、けいけいに使わせてもらっては。文豪としてのプライドや文化勲章授章者としての絶対的な価値を落としてしまいます。私なりに、なにかいい作品的なひらめきを期待したのですが、とうてい及ぶものではありませんでした。
posted by さっぜさん at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。