2007年05月04日

5月4日 知林ガ島(ちりんがしま)

異常気象に関連して、最近のこのブログで、島と島とが道になる韓国チンドトウに少しふれました。その似たような現象が、薩摩地方でも見られるんです。
錦江湾に浮かぶ周囲3キロの無人島知林ガ島(ちりんがしま)がそうなんです。ただし、チンドトウのように、島同士がつながるものではなく、あくまで薩摩半島とつながるわけですから、陸地と島ということになります。3月から10月にかけて、30分から2時間程度の幻想でしょうか。チンドトウは歌謡曲にもなりましたし、観光客が絶えないでしょう。でもこの薩摩のチンドトウは訪れるひとも少なく、かえってバラード気分が高まり、いつまでも心に刻まれていくのかもしれません。あなただけの大事なひとと、手をつなぎ、800メートルの砂州を歩けば、きっと永遠の愛と誠のオンリーワンを誓えることでしょう。
posted by さっぜさん at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。