2007年07月31日

7月31日 参院選終わる

参院選が終わり、民主党が圧勝しました。日本もなんとなく二大政党制が見えてきたような気配です。特に岡山県で、自民党参議院の顔であり知識良識の頂点ともいえる片山虎之助さんまで、落選したわけですから。自民党は「ノー」をつきつけられたことになります。
面白いことに、先の郵政民営化の是非を問う衆院選で、造反し落選した議員で、「反省しています、自民党に復帰させてください」と鳴きがはいったおかたもおられました。今回はその自民党がアダになったようです。
思うに、我々庶民は、この豊かな日本の現代生活を人並みに生きていこうとすれば、たとえ10円のお金だって無駄はできません。それなのに現職閣僚たちが多額のお金をごまかしているわけですね。そして、「女は子を産む機会」とか、「戦争終結のために原爆もしゃあなかった」などの失言もありました。やはり、庶民感覚からすれば、ギリギリ生活なのに、センセイがたやお役人たちはお金をジュウタンに並べてほほえんでいるというイメージにも感じられます。もっとも、やましくないお金ならなにをしてもいいんですが。
なんとなく一度でもダーティーなイメージを抱くと、払拭するのは時間がかかります。さあて、つぎの衆院選でどうなりましょうか。自民も民主も正念場です。
posted by さっぜさん at 09:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

7月30日 朝青龍(あさしょうりゅう)

横綱朝あお龍が、なにかと非難されていますね。確かにあれでは弁解の余地はありません。仮病を報告し、本国で元気いっぱい遊んでいたわけですから。しかも大事な巡業そっちのけでのことですから。いわば歌舞伎の金看板が、顔見世興行を無視し、ミュージカルにでもゲスト出演するようなものです。自分がお世話になっている大事な日本相撲協会を、自分が苦しめていますね。
もちろん協会側にも問題がありまして、仮に本場所期間中、横綱の調子が悪く序盤から負け続けた場合、怪我や病気を理由に休場させますね。いわば仮病がお休みの大義名分になりますね。ですから、届けを提出さえすればOKなんて錯覚するやもしれません。しかしそんなことが、この一件に通じるわけもありません。力士で最高の給金をいただいているわけですから、自分が巡業を盛り上げ、地方の相撲少年たちの夢を膨らませ、いい後継者を育てあげなければいけません。横綱の勇姿は、土俵の上だけで充分です。その他の遊びやレジャーは、可能な範囲で、自分だけのこととしていただければ。
posted by さっぜさん at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

7月29日 投票箱

今日は参院選の投票日ですね。どんなおかたが国会へ登院なさるのか存じませんが、自分のことや、利益を分け合う強力な支持者だけしか考えない悪いおかたが、バッジをつけませんように。
投票時間は、午前7時からですが、やはり一番のりを果たそうと意気込んでいるおかたがやはりいるんですね。その一番のおかたには、投票箱の確認作業をしていただくんですね。つまり、投票箱にはなんの仕掛けも不正もないことを確認してもらうわけです。選挙結果次第では、「もしかして事前に不正票がはいっていたのでは」なんて疑われないともかぎらないからです。そのための確認なのですが、その名誉?にあずかろうとするんですね。その結果、特別な台帳に自分の住所氏名が記載されるわけです。なんとも有難いボランティアさんといえるでしょう。
ま、そんなことはどうでもよろしいことですが、当選されたおかたは、寝る間も惜しんで、国民の暮らしむきのことに全力を投入してもらいたいものです。
posted by さっぜさん at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

7月28日 なのはちゃん

菜の花日記にアクセスしていただき、いつも有難うございます。この「菜の花日記」に、本当の意味で、女の子のマスコットが誕生いたしました。そのマスコットちゃんの名前は、文字どうり「 なのは 」ともうしまして、「菜花」と書きます。スムーズに、なのはちゃんと呼べるのではないでしょうか。本日未明3116グラムで、日本のどこかの片隅で生まれました。健やかに成長してくれればと、それだけです。
ちなみに、なのはちゃんの母親の名は、「なな」といいまして、「菜奈」と書くんです。漢字説明しますと、野菜の菜に奈良県の奈です。やはり菜の花にちなんでいるんです。私も含めて、いい家族でありつづけたいものです。
posted by さっぜさん at 09:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

7月27日 カレーラーメン

カレーライスを食べた翌日、カレーのルーが残りますと、皆様はどのようにして残りをいただいておられますか。再度カレーライスでいただいておられるおかたが、やはり多いでしょうね。
私はカレーラーメンが好きでして、いや、むしろ翌日のラーメンを楽しみにしています。サッポロの袋もののインスタントラーメンを使っていまして、あたためたルーをそのままのっけるだけなんです。ジャガイモやニンジン入りのラーメンなんてこのときばかりでしょう。もちろんカレーうどんもいいんですが、なんとなくラーメンで食べたくなるんですね。街のラーメン屋さんのものよりずっといけるのではないかと思っているんですが。
そのほかに、食パンのうえにルーをのせたり、ホットドッグのように、真ん中に包丁を入れ、ルーをはさんで食べるのもいいですよね。ほかになにかいい方法でもありましたら、コメントください。
posted by さっぜさん at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

7月26日 無人島で

昨日のお昼の番組で紹介していましたが、なんと南の島で、たった一人で暮らしておられるおかたがいるんですね。あの番組を見ておられないおかたのために、少々説明します。
沖縄本島から離れた所に、イリオモテ島があり、さらにそこから離れた洋上に、ソトバナレ島とかなんとかいう無人島があります。その島にたった一人で移り住み、なんと16年になるという世捨てびとがおられるんですね。70歳代のおじさんなんですが、そこで現世とは無縁の原始的な生活を楽しんでいるんです。現代のロビンソンクルーソなんです。ただし、漂着して無人島生活をしいられたわけでなく、あえてそんな生活に挑んだわけです。もちろん今流の便利そうなものはなく、衣服もなにもつけず、生まれたままの姿で生活していました。沖縄という環境が気に入ったというのが発端で、それがエスカレートしてしまい、妻とも離婚しとうとう究極の原始生活を続けているんですね。自分が国王であり、地主であり、とにかく自分だけが全てなんです。この無人島を飛び交うカラスたちともコミュニケーションをとりあい、自分で「カアーカアー」と鳴いて呼び寄せるんです。カラスも大事な仲間なのでしょう。
私はふと、あのグァム島の横井庄一さんを思いおこしました。横井さんは、「ずっとこんなとこにいて、わしゃ損した」なんて述懐していましたが、このおかたは心底満足しいきいきしていました。夏目漱石の草枕ではありませんが、とかくこの世は、生きにくかったのでしょう。
posted by さっぜさん at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

7月25日 オオゼキにて

昨日の24日まで、スーパーオオゼキでお中元最後のサービスデーということでしたから、祖師谷店まで出かけました。込んでたようすもなく、すんなり目的を終えました。いつもオオゼキだのライフだのと利用させてもらっていますが、あの大幅な割引率と送料無料の有難いサービスに感謝しています。やはり大量の商品を取り扱うことで、低価格化や利便性を可能にしているんですね。これもひとえに競走社会という、自由経済のたまものなのでしょう。
そのオオゼキで、宇都宮餃子の試食コーナーがあったんです。店員さんが一生懸命焼きながら、「宇都宮餃子ですよ、食べてってください」なんて呼び込んでいるんです。私も宇都宮に行ったら餃子だと前々から思っていたものですから、焼き立てをひとついただきました。結局なんの特長もない普通の餃子だと思いました。これだったら家族が作る餃子のほうが、ボリュームがあっておいしいかもなんて感じたしだいでした。でも、ひとつぐらい試食して、決め付けてはいけませんよね。やはり宇都宮まででかけたならば、餃子にラーメンか焼きそばをつけて、おなか一杯にならないといけません。
posted by さっぜさん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

7月24日 新大関

新大関琴光喜(ことみつき)が誕生しますね。なんでも33歳数ヶ月での昇進は、年長記録とか。遅咲きの大関といえるのでしょう。そのことを思えば、北の湖理事長なんて、今は認められていない中学生力士だったわけですから凄いおはなしです。
その新大関ですが、私はこのまま関脇や小結、あるいは平幕で終わるものと思っていました。それが今ごろになってという感じです。稽古という努力を怠らなかったのでしょう。プロ野球の世界もそうですが、やはり現役寿命がのびていますね。そのことを思えば、まだ横綱を視野に精進してもらいたいものです。
私は平成3年頃だったでしょうか、貴乃花関が新大関になった日、中野新橋の二子山部屋までかけつけたひとりです。ファンの前で、騎馬にのりサービスしてくれた姿をはっきり覚えています。そのときの印象がふたつありました。まず、源義経なんて、今の新大関みたいに凛々しかったのだろうなと思ったものです。立派で美しかったです。そしてもうひとつは、あのころかなりの関係にあった宮沢りえさんとのことで、「まだ結婚なんてふさわしくない。相撲に全力をかたむけるべきだ」なんて勝手に思いをめぐらしたものでした。
横綱の制度がない時代、大関が最高位だったわけですから、その意味ではコトミツキも充分な出世でしょう。今後のことは誰にもわかりませんが、ひと場所でも長く大関をつとめあげてもらいたいものです。
posted by さっぜさん at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

7月23日 華岡青州

私の近親者が、乳ガンの予防検診までといいながら、さきほどでかけました。特に気になることもないのでしょうが、有難い行政機関のサービスですので気軽にでしょうか。
乳ガンでふと思い出すのは、紀州の華岡青州です。私も有吉佐和子さんの原作ではじめて知ったのですが、凄まじい物語がありますよね。なにせ麻酔を用いて、日本で初めて乳ガンの摘出手術を施したのですから。そしてその麻酔薬を完成させるため、母と妻を戦わせ、モルモットにしてしまいました。その結果、麻酔薬は完成したものの、妻のカエが失明ですから。なにごともその先駆者というものは、人間を超えた鬼のような修羅たちばかりのような恐ろしさを感じます。
私など仮に百度生まれ変わっても、凡人やそれ以下でしょう。
posted by さっぜさん at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

7月22日 PK戦

昨夜のオーストラリア戦は、熱戦でしたね。後半23分先制され、その直後の同点ゴールですから、勝負に対する執念を感じました。
そしてPK戦という息詰まる緊張感をよくぞはね返し、勝利したものだと感服です。選手たちはどんな心臓をしていましょうか。象や虎の心臓でしょうか。すごいものです。その最後の最後の大勝負、オシム監督は忌避しましたね。「いつもPK戦は見ない」とのパターンで、自分の信条なのでしょうか。でも、いいのでしょうかねえあんな態度で。なにかジャンケンでもして、勝ち負けを決めているような気でいるのでしょうか。すべては結果オーライなのかもしれませんが、監督が現場を去ったのでは、試合放棄も同然です。せっかく選手たちが必死になって掴んだ歓喜をだいなしにし、なんとなく後味悪いものにしてしまったような思いです。
俺流もいいとも思いますが、肝心かなめは不変でしょう。
posted by さっぜさん at 10:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

7月21日 26000円の公約

民主党の公約に、ひとりあたり月額26000円の子供手当てを支給するというんですね。中学卒業まで実施するということですから、信じられないほど凄い公約です。「子は国の宝」が、その根拠です。
最近の社会面のニュースで、若者夫婦が自分の乳幼児を、単に「泣きやまないからとか、いうことをきかないから」との理由で簡単に虐待死させる記事が目立ちます。私はこのようなニュースを知るときいつも思うのです。若いひと同子がカップルになるのはいいことでありますが、無責任なカップルには「どうか子供だけはつくらないでください」と願うのです。その反面、ある特定の分別ある夫婦に子供が授からず、代理母だの、近親者間で体外受精しただのとギリギリノことに望みをかけている夫婦も少なくありません。子は国の宝であると同時に、将来の自分たちの絶対的宝なんですね。しかしこのことは、年老いてみなければわかりません。どうか若い危険そうな若者夫婦に、影響力をもつおかたが、説得力あるアドバイスをしてもらいたいものです。
仮に民主党さんが政権与党になり、26000円の公約を果たしたとしても、ヤングパパやヤングママたちの、パチンコ代に化けませんように。大人たちの遊興手当てになりませぬよう。
posted by さっぜさん at 10:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

7月20日 変化球?

日本共産党の元議長、宮元顕治さんがおなくなりになられたとか。98歳ということですから、持ち前の気力体力に加え、健康管理がよろしかったのでしょう。
過去をたどれば、徳田球一(とくだきゅういち)、野栄参三(のさかさんぞう)などの名前が浮かんできます。その昔、徳田さんが、「皇居から天皇を追い出し、公園を作ればいい」なんて発言がありました。私は子供のころから、土地柄でしょうか、床の間に掲げる昭和両陛下の御真影を見ながら育ちましたので、即座に「ありえない」と思ったものです。
その日本共産党が、「護憲の立場から、天皇制は容認する」というんですね。やはり苦しい弁解でしょう。野球に例えるなら、チェンジアップでしょうか。「天皇制を除いて護憲だ」なんて主張したほうが、ストレートで、より自然のような感じがします。そのようなわけで、共産党らしくない共産党になってしまっっています。これも時代という「舞台と出し物」を考えないと客は集まらないということでしょう。
政見放送でも志位委員長が、「住民税を下げ、消費税は絶対上げない。そのために」と訴えていました。これも変化球でしょうか。税金という国民会費は、安いほうが・・・・。
posted by さっぜさん at 10:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

7月19日 夫婦

昨日、NHKテレビの政見放送を見ていました。都知事選に立候補し、落選した黒川キショウさんが、「共生新党なる政党を旗揚げし、参院選に乗り込んできました。その新党から公認された候補者が30秒程度の短いアピールをなさるんですが、ついにといいましょうか黒川夫人の若尾文子さんが表舞台にでました。
都知事選のときは、「私は感知しません」と平静でしたが、とうとうご主人の情熱に負けたのでしょう、比例選で立候補ですね。功名が辻ではありませんが、内助の功でしょう。でも、映画産業最盛期のころならスラムダンクでしょうが、現代といういま、どこまで集票力がありますでしょうか。これまでタレントの議員や立候補者なんて星の数ですが、銀幕の大女優が立候補したのは、山口淑子さん以来じゃないでしょうか。それも本物の主演女優です。ご主人の黒川さんなんて、建築の分野で日本の宝ですから、建築オンリーで充分過ぎるほど充分なおかたです。結果はもちろんわかりませんが、あのひとの頭脳で、国政という図面をどう引かれますか。いや、もうなにより若尾さんがよくご決心なされたことが驚きです。夫婦という人間愛なのでしょう。
posted by さっぜさん at 10:07| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

7月18日 海

梅雨がなかなか明けず、ツユ寒い日が続いています。私も11日に外出して以来、自宅に引きこもったままです。いつになりましたら入道雲を仰げるのでしょうか。短い夏になりそうですね。
夏といえば海なのですが、去年は江ノ島の海岸でお茶を濁しました。今年はすでに、先月故郷の東シナ海の青い海を満喫しています。その青い海を見ながら幕の内のお弁当をいただき、なによりのひとときでした。その海の先に、日本百名山のひとつで、薩摩富士とうたわれる開聞岳
を臨めるんですね。そして私の目にはとうてい無理ですが、世界遺産の屋久島までが見えるんです。その眺望を楽しみながらのお昼ですから、なにもいうことなしです。少年時代泳いだり、すもぐりした勝手知った海なんですね。そのころは、熱帯魚が群れをなして泳いでいました。私もその小さくて色鮮やかな熱帯魚たちと仲良く戯れたものでした。
今では泳ぐ人も、すもぐりするひともなく、海とうゆ風景だけが、変わらぬあのころを思い出させてくれました。
posted by さっぜさん at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

7月17日 被災地に衛生トイレを

台風が去って今度は大地震ですか。昨日は、中越沖地震のことでニュースに釘付けでした。押しつぶされた民家のなかに、人が救助を待っているかと思うとたまりません。とにもかくにも、全国の自衛隊や警察、消防は減摩に参集させなければいけません。防衛大臣や国土交通大臣、国家公安委員長なんて、現場の幕舎で陣頭指揮しなければいけません。
食料や水の確保と確実な配給が重要ですが、それ以上にトイレが大事なんですね、日本のように生活習慣や文化、道徳などが進んだ国ですからなおさらです、仮説のトイレはありましょうが、やはりなにかと問題が多いですね。ですから、自衛隊警察にトイレットカーなんてあります。こんな便利なものがありますけど、出動しているんでしょうか。現代の生活衛生の完備した毎日を送っている現代人ですから、なんとか仮説であっても快適なトイレを政府は用意しなければと思うんです。
posted by さっぜさん at 10:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

7月16日 球児の夏

ようやく台風という疫病神も去りました。さわやかな狛江の風が、リビングルームに訪れ、快晴のありがたさを実感しています。まだ梅雨明けのニュースはないようですが、夏本番じゃないでしょうか。
夏の甲子園に向けての都大会も、フル回転ですね。去年はソウジツの斉藤君が、素敵な称号を与えられ、全国が盛り上がったいい大会でした。今年の大会も、斉藤君をしのぐようなヒーローが出てきてもらいたいものです。高校野球は、特待生制度がアマ野球の憲章にどうのこうのと、本音と建前論が交錯し、理想と現実の隙間が露呈されました。学力にかぎらず、スポーツにおいても秀でた生徒はその学園の宝でしょう。そしてその学園で、英才教育を受けたことが将来に大きなプラスにもなりましょう。
とにかく球児たちは、宿舎でオオメシを食って、グランドを走れ走れ、走り回れ。
posted by さっぜさん at 09:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

7月15日 台風4号V

台風4号も、静岡県沖をさまよっているようですね。私といたしましては、南九州を通過したということで、ひと安心いたしました。それでも私の自宅につきましては、水道の給水タンクに異常が生じ、蛇口から水が出なくなるという事態がしょうじました。アサイチで処置し、OKということですが、それでも数万円の出費になるでしょう。家屋が倒壊することを思えば、全然でしょうが。
私にも実母がまだ健在でして、田舎でひとり暮らししているものですから、避難するよう指図しました。住宅としてはなんの問題もないのですが、やはりひとりで台風の夜を過ごすのは、不安と寂しさにたえられないようです。ということで市当局が指定した「健康センター」なる施設におもむいたところ、50人ぐらいの人が訪れていたらしく、にぎやかな雰囲気だったそうで安心したんでしょう熟睡できたそうです。でも、あわてふためいて行ったんでしょう、簡単な食い物程度しか持参せず、翌日は空腹に悩まされ途中で自宅にタクシーで引き返したそうです。私も食事に関しては支持したのですが、年寄には効果がなかったようです。避難所で各自思い思いのお弁当を開いて、なにかレジャーにも似た食事状況だったのかもしれません。
これはわたしの勝手な言い分でしょうが、市当局が指定した避難所であるかぎり、最低限の食事は準備してもよさそうなものと思います。大人は我慢もできますが、仮に幼児でもいたなら不憫です。議員の活動につきましてはいくらでも予算がつきますが、避難住民のにぎりめしや、カップラーメンの支質がないのですから不思議です。公共機関をあてにせず、水と食料はしっかり準備しておかなければという教訓でしょうか。


ガラさんへ
コメントありがとうございました。台風の目を、体験なされたことがあるとか。知らない人は、あの嘘のような状況に油断してしまうんですね。本当に怖いです。今後も東京に大型台風がこないことを願っています。東京は大混乱しますから。
posted by さっぜさん at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

7月14日 台風4号U

台風4号が南九州を飲み込みはじめました。これから一日かけて、猛威をふるうことになります。時速25メートル程度で縦断するといいますから、「早く行っちまえ」と追い出したくなります。報道によれば、意識不明の重体のかたもいるようですし、大波を期待してサーフィンに挑む命知らずの若者もいるようです。
このブログを開いていただいたおかたで、台風の目を体験なされたおかたは多分おられないと思います。私は何度か経験したことがございます。それはもう見事な快晴になりまして、大嵐の地獄から、本当に天国に一瞬にして反転するんですね。大吹雪きの津軽から、春真っ盛りの菜の花畑に舞台が変わるんですね。その時間が台風の規模にもよりますが、20〜30分間あるんです。その間あわてて周囲を点検し、補修にとりかかるわけです。そして一転元の地獄に戻され後半戦ということになります。これを吹き返しといいますが、さらに強い風力に襲われます。
台風の直撃を受けますと、水不足は解消されますが、被害のことを思うと、なんとか科学力で、その規模を小さくできないものかと思います。
台風の怖さは、地震・台風・火事・カミナリの順じゃないでしょうか。
posted by さっぜさん at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

7月4日 台風4号

台風4号が九州を直撃しそうですね。ということは、私の留守中の自宅を襲撃することになります。予報によれば、最大風速40めーとる超ということですから、九州上陸時最大瞬間60〜70ートルぐらいになります。黒潮の暖流であたたかい湿った水蒸気を貰い、勢力が加速されるんですね。車なら、別エンジンにハイオクガソリンを同時に使用するようなものです。自宅の東側と南側が広い駐車場ですから体当たりです。これはたまりません。倒壊したら首吊りものです。これまでなんとか20年間持ちこたえてきましたが、最近不安を感じるんです。
単にこのたびの豪雨だけならば、平気なのですが、風はものをなぎ倒していきますから怖いですよね。私の自宅はもちろんアネハ物件ではありませんが、そのひと以上に歪んだ性格のおかたが設計しましたので、神にすがる思いです。皆様、住宅を購入したり、新築なさるさいは、とにかく丈夫なものをお選びくださいませ。特に東京は地震が多発しますので、なるべく多くの通し柱と筋かいがあることがポイントです。
posted by さっぜさん at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

7月12日 メジャーオールスターでランニングホームラン

やったやったやりましたね。イチロー スズキ選手がなんとなんとランニングツーランホームランに、ビッグビッグなMVPですから愉快愉快大愉快です。私も中継を見ていて、鳥肌ものでした。ランニングホームランなんて、普通にホームランするより何倍も価値がありますよね。しかもオールスター史上初といいますから、まさに快挙です。
そして、斉藤投手も立派でした。1イニング三者凡退ですから充分です。岡島投手の出番がなかったことは残念でしたが、そのぶんペナントで頑張ってもらいましょう。
寂しかったのは松井、松坂ご両人が選ばれなかったことです。特に松坂投手にいたっては、堂々たる成績だと思っていたのでしたが、来年、今年のぶんまで快等してもらいたいものです。松井選手のあの成績では、オールスターなんてとうてい無理でしょう。でも、ゴジラですから、ゴジラであるかぎり大暴れしてくれないと日本が盛り上がりません。あとはワールドシリーズに向けて完全燃焼してください。
まずは、イチロー選手おめでとうございました。お見事でした。

フェレットさんへ
「とおい日の晩夏」へのコメントありがとうございました。次もなにか夏にちなんだものをと思案中です。そのときは、趣味のペンまでお越し願います。
posted by さっぜさん at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。