2007年10月11日

10月11日 里の秋

「しずかなしずかな  里の秋 おせどに木の実が落ちる夜は ああかあさんとただふたり 栗の実煮てますいろりばた」、なんてこれからの季節そのものでしょうか。
私は囲炉裏の経験はなく、木製の長火鉢だったり、練炭火鉢でした。そして、どちらかといいますと海育ち魚育ちでして、栗の実を煮て口にしたという経験もありません。でも縦ながの日本であり、山河豊かな日本ですので、各地の四季の移ろいも、我が家での出来事のように感じられます。
この歌、作詞が斉藤信夫さんで、作曲が海沼実さんということですが、申し訳ありませんがお二人とも存じ上げません。しかしこの歌は、昭和16年12月8日に発表されたらしいんですね。つまりこの日は、トラ トラ トラの真珠湾攻撃の日なんですね。日本中が万歳万歳で狂喜乱舞した日です。ですから一説によれば、反戦の歌だという向きもあります。確かにうなずけます。
兵士たちがそれぞれの戦場で、留守を守る親兄弟のことやふるさとのことを案じたならば、兵士たちに戦闘意欲は衰え、士気は落ちてしまいます。真意は存じませんが、そうだとするならばなんてきれいな反戦歌をお作りになられたことでしょうと感服するばかりです。通常の反戦歌なら、あからさまに異を唱え、すぐさま治安維持法違反として憲兵や特高警察ものになりましょうが、こんなにきれいな詞と曲では、そんなことなど微塵も感じさせません。
情愛豊かな人の心に、銃口は向けられません。なにひとつ防禦のすべも知らない市民に、戦争という恐怖が襲いかかることなどありませぬよう。
posted by さっぜさん at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

10月10日 豪徳寺のプロムナード

私は世田谷区内のあるパソコングループに参加していまして、昨日交流会がありました。最寄り駅は小田急豪徳寺でして、途中プロムナードを歩いて行くんです。今の時期、あたりに植えられているキンモクセイの香りがたまらなくハッピーにさせてくれます。ですから、「きっとあのプロムナードならば、香りいっぱいに包まれるはずだ」、そう思い急ぎました。
やはりそのとうり、商店街を歩いている途中から、グッと誘われてくるんです。そしてその入り口に。深呼吸を二度三度。私の汚れた体内をいっきに清め、野暮野蛮な育ちの自分を瞬時に高貴な育ちのような、別な自分に変えてくれるような気がします。つれが申すに、大小10本ぐらいのキンモクセイの木が楽しませてくれているそうです。いいですよねえ、こんな薩摩汁の私が、有栖川宮(ありすがわのみや)に変身していくような気分です。一瞬、盃に酒を注ぎ、傍らの官女たちにせがまれ、扇を投げ送るかのような宮中絵巻にいざなわれるようでした。
posted by さっぜさん at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

10月9日 お祭り

日曜日、私の自宅のリビングにもお祭りの笛や太鼓の音が聞こえてきました。もちろん狛江に越してきて、初めての笛太鼓でした。私の自宅は裏路地ですので、神輿も山車も通りません。職場時代は、毎年どこかのお祭りになんらかの形で関わってきたのですが、もうそんなマツキチさんたちとも縁遠くなりました。私はお祭りのソウリャソウリャだの、ヌックイヌックイと言うんでしょうか、あの掛け声もいいんですが、祭礼のチョウチンを下げたみきしょの雰囲気が好きなんですね。その担ぎが終わり、加勢の衆を呼んで、酒だビールだケンチン汁だのといった酒宴の席の様子が好きなのかもしれません。
そうそうそういえば、二年越しの神田明神のお祭りが好きでした、境内で打ち鳴らす若いおんな衆だけの、将門太鼓がたまらなく好きでして、よく前列に陣取って熱中したものでした。そしてここ神田には、佐久間町の神輿がでるんですが、その佐久間町に高橋さんという日舞の振り付け師がいるんです。けっこう有名なお方でして、その高橋さんが振付けた担ぎ手踊りがありまして、境内で披露してくれるんです。呼吸の合ったおとこ衆たちのいきごみが見事です。そのパフォーマンス見たさに集まる者も多いことでしょう。
その神田明神も、平成13年が最後でした。ちゃんと歩ける足があるのに,現場に行けません。もどかしいですね。
posted by さっぜさん at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

10月8日 年金貴族

一週間ぐらい前の民放番組で、年金についてのいい番組がありましたね、見ていて興味をひくものでした。やはりなんだかんだもうしましても、国が保証する年金は、老後の確実な安定収入ですので、皆様安心なさって励んでください。
その年金のみの収入で、夢のような優雅な暮らしをなさっておられるひとたちを紹介していました。拝見されたおかたも、多かったと思います。つまりわかりきったことですが、経済力の弱い外国で暮らすということでした。そのことは前々からわかっていたのですが、具体的にメディアで紹介されると、なんとなく真似したくもなります。
例えば、月々20万円の厚生年金受給者なら、超高層の豪華マンションに、メイド付で優雅に暮らせるというものでした。その国と都市は、マレーシアのクアラルンプールで、日本人の年金移住について、国がなにかと優遇してくれるんですね。社保庁が自動的に振り込んでくれますので、なんでも簡単に決裁できます。
あるひとは、170平方メートル(約58坪)の眺望豊かなマンションで暮らし、ゴルフ三昧しても、使いきれずに貯金ができるというんです。こんなおかたがクアラルンプールには大勢いますので、日本人会が活発なんですね。ですから過ぎた望郷心もおきませんし、日本企業も多種多様進出していますので、不便や不自由はしないそうです。
外国居住に抵抗のないおかたには、天国かもしれません。
posted by さっぜさん at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

10月7日 上高地

信州という澄みきった美の国を、爽やか気分で歩いてきました。遠山の峰のゆるやかな曲線をなんとか目に映しながら、湿原を楽しんだしだいです。何年ぶりの野道山道だったでしょう。
上高地のシンボル、大正池や田代湖の水で靴を濡らしながら、心優しく敷設された木道(もくどう)が、ひ弱なハイカーにも安心感を与えてくれますよね。あたりには、白樺の木や、カラマツが静かに見守ってくれているのですが、私は意識で見ながらの二時間足らずでした。これが旅なのでしょう。山と湖沼と樹木たち。どんな画家たちにも描けない、蒼くみずみずしく生きた息吹が漂い、自分の手のなかに感じられますよね。
もう40年近くになりましょうか、大学1年の時、K君という級友がいたんです。長野県のかたでした。その彼が、「上高地はいいよ、本当にいいとこだよ」と私に語りかけてくるんですよね。私も漠然とした感情で、「行ってみたいなあ、いつか一緒に」なんて話したことがありました。それからひとつきぐらいして、そのK君は退学してしまいました。学園に失望したのでしょうか。もう上高地は消し去られてしまいました。その上高地を訪れましたが、その間、彼はいくたび訪れたことでしょう。果たして彼は私のことを覚えていてくれていましょうか。私は枯野名を、小声で呼びました、山に向かって呼んだのですが、気持ちは穂高なのでしたが、なんというお山に呼びかけたことでしょうか。
posted by さっぜさん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

10月4日 ジャンボ

オータムジャンボが発売されていますね。ジャンボの名のつく宝くじなんて、年に5回ほどありましょうか。皆様そのたびに買われて、その結果、色のついたただの紙きれが残ってしまったという、空しさの繰り返しじゃないでしょうか。誰も同じです。
思えば昭和53年だったでしょうか、一等賞金が5千万円ということでドギモをぬかれウキウキワクワクでした。それが、すぐに7千万円になり、1億というバカデカイものになってしまいました。それが2億だの3億だのと金額が膨らみ、いつの日か5億円ぐらいまでエスカレートしましょうか。
一昨日のブログで、郵政モニターに関与したことがある旨を書きました。その時の懇談のせきで、「みづほ銀行委託の宝くじにとどまらず、民営化されたら、郵政ジャンボ宝くじも実現に努力してみたらいかがなものか」と提案したことがありました。局長が、「それは面白い」なんて笑ってくれました。そんなことどうなるか存知ませんが、せいぜい下二桁の当たりが限界で、国庫に無条件寄付するだけですね。
そうそう、宝くじの外れ券は、なにかにお使いでしょうか。きれいな色紙ですから、折り紙に使うといいらしいですよ。


ご連絡
明5日と6日は、信州方面へ旅してきます。まことに勝ってながらブログをお休みさせていただきます。ごめんなさい。
posted by さっぜさん at 09:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

10月3日 38度線を

七年ぶりの南北首脳会談ということで、韓国のノムヒョン大統領が訪朝しましたね。それも陸路を使い、38度線を夫婦で歩いて北へ渡ったわけですから凄いことでした。その南北の真空地帯を、歴代大統領として分断後初めて歩き、どんな思いがこみ上げてきたことでしょうか。その先の未来が、韓国主導で平和的統一につながればいいのですが。
しかし、北のシナリオにしたがってスケジュールは動いて行くのでしょうか、なんとなく境界線を歩くことや、総書記が出迎えるなど、また特別待遇にやられたかなという感じです、小泉さんを迎えたのは、ナンバー2のキムヨンナムでした。とにかく相手を喜ばせいい気分にさせて、最大の利を得るのがあの国の常套手段です。
かつて、金丸訪朝団がその手をくらい、国民の非難を浴びました。競技場で大がかりなマスゲームを見せられ、「熱烈歓迎 金丸先生、田辺先生」と書かれた人が作る巨大文字に感激してしまったんですね。その結果勇み足をしてしまい、法外な援助を約束させられました。
大統領もあの手この手で、能をシビレさせるようなサプライズを受けるかもしれません。もちろんわかりきったことということなのでしょうが、それがわかっちゃいてもということになってしまいます。常に心の中で、冷水を浴び、「なんだこんなもの、なんだこれぐらいのこと」なんて妖術に化かされない冷静さを保ってもらいたいものです。
半島の非核化の他、300人の韓国人拉致被害者の救出を、肝に命じ、日本人被害者の救出までにらんで臨んでください。
posted by さっぜさん at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

10月2日 誕生月

10月ですね。私は5月と10月が一年で最も好きなんです。5月は薫風かおるという爽快感を感じますし、10月は、秋風(しゅうふう)という紅葉感を味わえるようないい気分です。
ところがその10月ですが、私の誕生月でもありまして、ここ10年ほど前からいやな月にもなりました。人生上り坂のころは、なんとなく自分の歩く姿が見えていましたが、今の私はただ足を滑らしているだけです。誰かが背中でも押したものなら、間違いなく終点まで転んでアウトでしょう。老け込む年ではありませんが、自分の身体は自分が一番よく知ってるということでしょうか。
その嫌になりかけた10月も、3年前から明るい希望の月になりました。いちばんのおともだちの誕生月に変わりました。3年前、関東中央病院で、元気に産声をあげてくれました。あの感動は神から授かった究極の宝ものでした、もう3年の歳月なんです。先月、保育園で2回目の運動会もありました、元気よく頑張ってくれたそうです。いつの日か、ビールで「お誕生おめでとう」なんて、そんないい日がくることと思います。
posted by さっぜさん at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

10月1日 民営化

郵政がとうとう民営化されましたね。私もそうですが、都会に住んでる者にはなんの不安も感じませんが、地方で、かつ不便な集落にお住まいのかたがたは気がかりでしょう。しかし、特殊会社ですので、これまでどうりのユニバーサルサービスを、法律で保障されますね。そして今日から、お馴染みの無口な郵便屋さんも、少しは愛想よくなりましょうか。
私もある時期、郵便局のモニターをしていたことがありまして、局員と懇談したことがありました。郵政民営化にふれましたところ、局員の誰もが曇った顔をしてました。安定した公務員の身分を失うことに限りない不安を抱いていることがありありでした。民営化後の業績や、他社との競走が心配でしかたないという感じでした。今日から管理職も、決裁の印鑑ばかり押してばかりというわけにはまいりません。これまでより一歩も二歩も顧客に近づきサービスの向上につとめなければなりません。預金業務も、民間機関としてこれまで以上に巨大銀行と張り合わなければなりません。 
そのせいでしょうか、私は東京三菱に小額の定期がありまして、そこの行員から「お客様の定期の利息が上がりますから手続きにおこし下さい」との電話がありました。民営化による競走といういい一面がもうあらわれました。
posted by さっぜさん at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。