2007年10月01日

10月1日 民営化

郵政がとうとう民営化されましたね。私もそうですが、都会に住んでる者にはなんの不安も感じませんが、地方で、かつ不便な集落にお住まいのかたがたは気がかりでしょう。しかし、特殊会社ですので、これまでどうりのユニバーサルサービスを、法律で保障されますね。そして今日から、お馴染みの無口な郵便屋さんも、少しは愛想よくなりましょうか。
私もある時期、郵便局のモニターをしていたことがありまして、局員と懇談したことがありました。郵政民営化にふれましたところ、局員の誰もが曇った顔をしてました。安定した公務員の身分を失うことに限りない不安を抱いていることがありありでした。民営化後の業績や、他社との競走が心配でしかたないという感じでした。今日から管理職も、決裁の印鑑ばかり押してばかりというわけにはまいりません。これまでより一歩も二歩も顧客に近づきサービスの向上につとめなければなりません。預金業務も、民間機関としてこれまで以上に巨大銀行と張り合わなければなりません。 
そのせいでしょうか、私は東京三菱に小額の定期がありまして、そこの行員から「お客様の定期の利息が上がりますから手続きにおこし下さい」との電話がありました。民営化による競走といういい一面がもうあらわれました。
posted by さっぜさん at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。