2007年10月31日

10月31日 ノバ

駅前留学のノバが、会社更生法を申請したということで、かなりのお方だ被害にあいましたね。いま外国語といえば、韓国語だの中国語だのとすぐお隣の国の言葉が思い出される時代になりました。それでもやはり英語のウェイトは大きく、いつの時代になろうと英語の必要性はいうまでもありません。
でも今回の事態を耳にするとき、やはり高額すぎるなあと感じずにはおられません。何度チャレンジしても身につかない英会話をゲットしようと、大金をつぎこんでいるようですね。何十万という返ってこないお金でトラブッていることを思うとき、詐欺的要素を感じずにはおれません。
駅前を前面にした商法ですから、借り受ける家賃もかなりなものなのでしょう。それも全国規模ですから、ちっとやそっとの負担ではないのでしょう。報道されるところによれば、外国人講師も賃金の不払い被害を受けているとか。お気の毒なことです。
振り返れば、キャッチフレーズとして、かつてのテレビCMで、「ノバでノバース」なんて農家の主婦らしき女性が畑で踊るようにして誘っていました。あんなCMをみせられると、「農家のおばさんがマスターできるんなら、俺だって簡単にマスターできらあ」なんて錯覚しちゃいますよね。そして、若者受けさせるように、サッカーのジーコさんが、大きな看板になって誘ったんじゃなおさらです。外国語を学ぶことは容易でしょうが、ゲットするのは難儀きわまりません。私も40年前、田園調布にリチャード英会話というスクールにかよったことがありました。当時1万円という月謝を支払ってかよったのですが、何も身につかずさよならしました。つまり日本の日常生活では、英語なんてなんの必要もなかったということでした。ノバを目差した皆様は、切迫した思い出大金をつぎ込んだのでしょうが、日本にいたんじゃあなかなかに困難でしょう。「尼寺へ行け」ではありませんが、土方馬方船形をしてでも、アブロードといいましょうかアウェイで頑張るのが「いそがばはまわれ」じゃないでしょうか。
posted by さっぜさん at 09:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。