2007年11月01日

11月1日 友達の友達

「友達の友達は、みな友達だ」なんて、暢気なことをいってる場合じゃありませんよね。鳩山法相のお友達の友達がアルカイーダなんて、なんというゆゆしき事実でしょうか。記者会見の席でこんな事実を発表するのですから、かなり奥の深い迷路でもあったのでしょうか。
仮に鳩山さんのお友達をAさんとし、その友達をBとしましょう。アルカイーダなんて世界最大最悪のテロ組織ですので、世界の中のターゲットです。壊滅というそんな国際情勢の気運に反し、日本の入管や警察、防衛当局の情報がAさんを通じてBに流れてしまいかねません。ヒルズとミッドタウンに、航空機が突入したなら・・・・・。
鳩山法相はAさんとのつきあいが長いようですが、なぜシビアになれなかったのでしょう。「関係当局に通報したが、シリアスに受けとめてもらえなかった」なんて弁じてました。
私が思うに、国会議員で大臣経験者からの情報の提供があれば、関係当局は軽率な措置はとれません。鳩山さんの態度姿勢が、お笑いめいたボケたような態度だったんじゃないでしょうか。自分の職も大事、友達も大事。はっきりしない態度でお茶を濁そう。どう転んでも逃げ道お確保しとこうという狙いだったようにも感じられました。もしそうだとすれば、バリのテロを入手しながら黙殺したかのような事態にならんとも限りません。
情報というのはその処理に困難がありまして、提供者はその情報源に気を使うんです。表に出したくない場合が多いのですが、アルカイーダとなればオオナタをふるって友達関係も清算しなければならないでしょう。あの鳩山さんの口ぶりでは、「私には責任はない。真剣さに欠けた当局の怠慢だ」なんて、責任回避だけを感じました。
しかし、どうして友達の友達にアルカイーダがいるなんて暴露したんでしょう。なにかとヤバイことがあり、告白のタイミングをうかがっていたのでしょうか。恐ろしい結末を迎えなければいいのですが。
posted by さっぜさん at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。