2007年11月02日

11月2日 落合ドラゴンズ

いやあ、昨日の日本シリーズには興奮しました。もうなんとも表現できません。デーム内容には触れませんが、こんなドラマがあるものかと、やはり「事実は小節より奇なり」のようです。
9回裏、落合監督は岩瀬投手にスイッチしました。私は「監督はなんという狂気じみたことをするんだ。高校野球じゃないぞ。ここまでもりあがっているのに、だいなしにする気か」と、怒りがこみ上げました。しかし、リリーフは岩瀬ですので納得せざるを得ません。そして、あと二人あと一人。この時点で、「これは大変なことになる、継投でパーフェクトゲームなんて聞いたことがない。それも日本シリーズの王手をかけた場面で」という期待に変わりました。そのとたん、「中日53年ぶりの日本一、しかもパーフェクトリレーで」という騒然たるものでした。
あの場面、岩瀬が打ち込まれ逆転負けしたものなら、生卵ものでしたでしょう。勝っても4人で押さえたならば、あそこまでの大歓喜はなかったのではないでしょうか。ご本人はインタビューで、「あそこでの交替にためらいはなかった」とおっしゃっていました。どうしてどうして、薄氷を踏む紙一重の決断でした。すごいドラマを演出してくれたものです。恐れ入りました。
大昔の天知監督以来といいますから、浦島太郎の時代です。その天知監督ですが、歌手の天知ふさ子さんの父親で、亡くなられた天知茂るさんが芸名としていただいた名前なんですよね。
posted by さっぜさん at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月2日 落合ドラゴンズ

いやあ、昨日の日本シリーズには興奮しました。もうなんとも表現できません。デーム内容には触れませんが、こんなドラマがあるものかと、やはり「事実は小節より奇なり」のようです。
9回裏、落合監督は岩瀬投手にスイッチしました。私は「監督はなんという狂気じみたことをするんだ。高校野球じゃないぞ。ここまでもりあがっているのに、だいなしにする気か」と、怒りがこみ上げました。しかし、リリーフは岩瀬ですので納得せざるを得ません。そして、あと二人あと一人。この時点で、「これは大変なことになる、継投でパーフェクトゲームなんて聞いたことがない。それも日本シリーズの王手をかけた場面で」という期待に変わりました。そのとたん、「中日53年ぶりの日本一、しかもパーフェクトリレーで」という騒然たるものでした。
あの場面、岩瀬が打ち込まれ逆転負けしたものなら、生卵ものでしたでしょう。勝っても4人で押さえたならば、あそこまでの大歓喜はなかったのではないでしょうか。ご本人はインタビューで、「あそこでの交替にためらいはなかった」とおっしゃっていました。どうしてどうして、薄氷を踏む紙一重の決断でした。すごいドラマを演出してくれたものです。恐れ入りました。
大昔の天知監督以来といいますから、浦島太郎の時代です。その天知監督ですが、歌手の天知ふさ子さんの父親で、亡くなられた天知茂るさんが芸名としていただいた名前なんですよね。
posted by さっぜさん at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。