2007年11月05日

11月5日 一寸先は闇

よく「政治の世界は、一寸先は闇」なんて申しますが、このたびの大連立話で騒然としていますね。小沢党首は「役員会で拒否されたから、党首を辞任する」なんていいだしますし、総理も「私がコメントするのは差し控えたい」なんて、闇の中に葬りたいようです。小沢さんも、この話は自分から申し出たものでない。マスコミは勝手に書きすぎる」なんて怒っていました。でも真相はどうでしょうか。仕方ないですよね、二人だけの密室のお話ですから、誰にもわからないところでのやりとりですから知りようがありません。
小沢さんの狙いは何だったのでしょう。自民党の乗っ取りでしょうか。やはり民主党党首として総理になるより、自民党総裁として総理におさまりたかったでしょうか。
なんにしましても、衆知されたうえでの密室はよくありません。どうせなら、だれにも内緒の密室でないといけません。そして、結果が悪そうなら、二人だけの永遠の胸の中にしまい込んでおかないといけないでしょう。
いい例えではありませんが、新撰組の近藤さんが「このたび薩摩の西郷さんと話がまとまり、勤皇方につくことにしたい。どんなものか」なんてなりましたらどうでしょう。土方副長以下のギタギタグループが黙っていませんでしょうね。組織は自分一人で自在に動かせなかったということでしょう。辞任という切腹を望むなら、そうさせていいのではないでしょうか。
国会議員という職にあるお方たちは、死ぬ気で国政に携わっているんでしょうか。ただただ選挙に勝つことが第一で、一日でも長く議員でありたいと願っているだけのような気がするんです。
posted by さっぜさん at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。