2007年11月09日

11月9日 柿

「春には柿の花が咲き、秋には柿の実が熟れる」、お馴染みの歌ですね。この柿の木の坂の家は船村徹さんのメロディーですね。船村さんがお弟子さんをとるとき、この歌をうたわせるそうです。つまり船村学校の課題曲で、うまいこと歌わないことには、入門お断りだそうです。あの北島三郎さんも鳥羽一郎さんも、緊張しながら歌ったことでしょう。
その柿ですが、今の時期一番おいしいですね。食後のデザートなどに最適じゃないでしょうか。昔食べていたころの柿は、大きな種が入っていて、あまりいいものではなかったように記憶しています。もっともこんなことを感じるのは、私だけかもしれませんが。ここ何年も前から、種の入った柿を食べた記憶がありません。いいですよね種なしの柿は。安心してガブリといけますから。
そして、二日酔の特効薬でしたから、こっそりいただいたこともありました。職場の近所に知り合いがいたものですから、お世話になったこともありました。二日酔で出勤し、やばいと思い、柿をいただきかぶりついて、席についた。こともありました。もうそのような軽率なことも無縁になりました歌の文句と意味は異なりますが、「思い出すなあ あのころのおー」という気持ちにさせられます。
posted by さっぜさん at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。