2008年02月03日

2月3日 四千年の味なんて

中国からの冷凍ギョーザ中毒の波紋が広がり、原因もミステリアスなようですね。製造元が中国国営会社ということで、情報規制でしょうか、真相は闇のようです。
日本の輸入会社が、現地でその加工の工程を確認したうえで契約したのでしょうから、施設のようなハード面においてはOKだったのでしょう。原料の調達の段階で混入があったでしょうか。それとも、加工や流通の段階で、何者かが怨恨から、このような悪事を犯したでしょうか。結局、原因不明のまま迷宮入りのような気がします。なにせ中国という、すべての物差しが違う国の事態ですから。
そのメイドインチャイナを、私もよく口にしました。いやあ、もううんざりですね。特に野菜類は、農薬ベッタリということですから、よほど念入りに洗い流さないと料理できません。中国では、ホウレンソウやゴボウを食べる習慣はないといいますから、これらの輸入物は要注意です。
そんなお粗末なお国で、8月に五輪が開催されますから不安ですよね。IOCも北京決定を悔いていることでしょう。そんな事情を事前に察知した国から、直前合宿を日本で実施する国が多いみたいですね。まさか五輪本番で食中毒なんて大失態もないと思いますが、組織委の充分な監視が欠かせません。日本選手団は、コックや板前を現地に集め、日本産の食材を使って食事を届けたほうがいいかもしれません。食事に不安があったら、不参加国だってあるやもしれません。中国四千年の味なんて、想像したくもありません。
posted by さっぜさん at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。