2008年02月06日

2月6日 銀座並木通り

昨夕のテレビ朝日の報道によれば、銀座のホステスさんも人材が不足ぎみみたいですね。そこで人材のスカウト会社が、その需要に適切な周旋事業を施しているようです。
つまり、全国から「銀座ホステスさん大募集」を流し、応募者に対し面接して、この子ならイケルとの感触があれば、クラブに派遣し、ママさんの厳しい査定を受けることになります。その採用結果によって、人材会社も利益を得るということになります。その試験期間は四日程度で、一晩9000円の報酬ということでした。そして採用されれ、数年後に努力が実れば、月収一千万円近くを稼げるような蝶に育ちましょうか。
取材では、長崎県の佐世保のクラブで働いていた23歳のホステスさんが、日本一の銀座をめざしてスタートをきった様子が紹介されていました。いいお客さんを虜にし、みごと望むような生活環境を掴みこむことができるでしょうか。ここ5年以内が勝負でしょうね。武芸百般ならぬ、遊芸百般を身につけるようなガンバリが必要でしょうか。
大金を支払い、夜の世界に招待する側は、遊びもビジネスの一環でしょうから、あの手この手でおもてなししなければならないのでしょう。「いいお店があるんですよ、いい子がいるんですよ」なんてお誘いするのでしょうから、ママさんもホステスさんも真剣勝負です。
一流クラブのナンバーワンホステスなんてどんなお方でしょうか。案外普段は、普通の庶民的なお方かもしれませんね。それが仕事場において大変身して魅せるのかもしれません。その変わりゆくさまが、際立っているのでしょう。どうなのでしょう、接客業であることに変わりありませんので、優しさに裏打ちされたお方だろうと思います。いや、それもプロとしての演技の範囲でしょうか。
日本は少子化が続くでしょうから、銀座のおんなハローワークも有効求人倍率が気になることでしょう。
posted by さっぜさん at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。