2008年02月21日

2月21日 イージス

房総沖で、イージス艦と漁船との信じがたい事故がおきてしまいましたね。なんという自衛隊の大失態でしょうか。私には海上交通のことなどなにひとつわかりませんが、陸上交通の理屈を当てはめれば、大きなものがより大きな注意義務があるのは当然です。漁船の100倍1000倍の責任義務がありましょう。大型ダンプが、子供のチャリンコを踏み潰すようなものです。政府はなんとしてでも、漁師さん二人を発見しないといけません。すべての当局組織を集めてまでも遺体を発見して、遺族にお引渡ししないと、防衛省は国民に顔向けできません。
この事故について、私が別な意味で腹立たしいのは、「なんてこったイージス、そんな調子でミサイル防衛なんておぼつかんだろう」ということなんです。イージスは、マルチ攻撃があっても、同時に対応でき反撃が可能ということでした。特に北朝鮮からのミサイル攻撃に対し、そのミサイルを大気圏外でうち落とす使命をになっています。それがこんな失態をしでかし、なにがノドンの迎撃だといいたくなります。迎撃どころか、ミサイルが東京に着弾してから、「知らなかった、レーダーに写らなかった」なんてとぼけられそうです。
事故発生時間が、夜明け前といいましょうか、まだまだ真夜中のことですから、操舵室内で居眠りでもしてたのではなんて疑いたくなります。どんな隊員がどんな資格を受けて舵取りしていましたでしょうか。大きなお山が、日本沿岸を航行するわけですので、身を削る思い出その任にあたらねばなりません。こんな遊覧船気分で、とうていミサイル迎撃なんて、トホホです。数ヶ月前には、隊員がイージスの特殊情報を他国のスパイに渡したり、もうなっちゃいませんよね。
posted by さっぜさん at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。