2008年03月05日

3月5日 キソヤマ君

NHKテレビの「ちりとてちん」が、またあらたな面白さを出しているようです。渡瀬さんの草若師匠が他界し、大きな心棒が抜けてしまいました。でも、キソヤマ君という新弟子が、盛り上げてくれています。視聴者の大半のお方は、嘘つきの悪いやつとか、オジャマムシは出てくるななんて嫌悪感を抱くお方も多いことでしょう。でも、私にはあのキソヤマ君がいないと味たらずなんです。私が思うに、自分が落語家になりたいなんてさらさらなく、おかみさんの若狭さんの傍にいたいだけなんじゃないでしょうか。若狭さんのファンでそれが高じ、女性だから弟子がとれないということで、やむなく草々師匠に弟子入りしたのではという気がします。私にはこれからどんな騒動が起きるか楽しみです。脚本家には申し訳ありませんが、塗り箸作りの後継者とか、エーコだのビーコだのという絡みは、なにも興味がわきません。
このドラマの残りも少ないでしょうが、落語に関する話を中心に進めてもらえないものかと。
posted by さっぜさん at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。