2008年06月07日

6月7日 ハイセイコー

火曜日の歌謡コンサートの思い出コーナーで、「さらばハイセイコー」を増沢さんが歌いましたね。あのころ馬といえばハイセイコーでした。
昭和48年の有馬記念、私が初めて買った馬券だったんです。思い出しますね、いや忘れられませんね。ハイセイコー君が疾走し、その年のGTレースを締めくくってくれました。二着のトーヨーアサヒと絡んで、連複1番3番で、710円の配当でした。初めての勝負で、いささか儲けさせていただいたんです。
そのころ大井町に住んでいたものですから、大井競馬や平和島競艇が近くて、足も運びました。でも振り返れば、無駄のひとことでした。悪いコーチ屋にやられたこともあったんです。そして、渋谷の場外にも通いました。愚の連鎖ですね。結局、馬券という固い小さな紙片をポケットにしまいこんで、必至に祈ってるだけのことでした。なんとも愚かなことだったとしか、いいようがありません。
もう賭け事とも無縁になりました。でも先のことも考えず、遊んでいるころといいましょうか、遊べたころが一番いいころだったのでしょう。
posted by さっぜさん at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。