2008年09月02日

9月2日 一年足らずで・・・・

民主党の小沢一郎代表が、三選をほぼ手中にしたとたん、福田総理が辞任表明してしまいました。昨夜テレビを見ていたところ、「臨時ニュースが入りました。九時半から総理の記者会見があるという連絡が入りました」とのお知らせがありましたね。私は直感で、「また安倍晋太郎と同じだ」と愕然としました。やはりそういうことでありまして、なんとも情けなく思い、腹のたつことでありました。
「この時期に新しい体制で時局に臨んでもらいたい」とは、安倍さんと同じ台詞なんですね。なんでこうもやすやす総理職を放り投げるんでしょうか。本人いわく、「ねじれ国会で難儀をした。なかなか大変だった。不祥事の始末に追われた。でも経済対策も効果の兆しをみたし、消費者庁も整備されてきた。このへんで」というんですね。つまり、難しい政局でスムーズな国会を運営できなかったが、やるだけはやったからもう勘弁してくれということじゃないでしょうか。参議院で野党優位というねじれ現象に耐えきれなくなったんでしょう。いけませんよねこんなぐあいでは。ついひとつき前に、改造内閣をスタートさせたばかりじゃないですか。それが、小沢民主党がまた見えた瞬間、「やめた」ですから唖然といたします。
日本の総理ですから、ブルドーザーにもダンプカーにでもなればいいと思うのですが。戦車にでもなって、踏み越えてもいいじゃないでしょうか。最大野党の党首と、「虚心坦懐に話したかった」などとも話していましたが、政党の党首同士、そんなきれいごとなやりとりなんてありえませんよね。そして結局、拉致は私の内閣で解決をという意気込みも、二酸化炭素のようにばらまいただけで飛んでしまいました。またまた被害者家族に失望を与えてしまいました。
いったいどなたが総理になればいいのでしょうか。小泉さんにもう一度針のむしろに座ってもらいたくもあります。自民党でもいいです、民主党でも結構です。小沢さんが総理になれば、給料のぶんを働いてくれますか。いや、それ以上の仕事を残していただけますか。どうぞおなりになられて、国民に笑顔を与えてください。
posted by さっぜさん at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。