2008年09月05日

9月5日 総裁選なら

昨日のお昼の段階で、自民党総裁選の候補者として、新しい顔が見えはじめてきました。与謝野馨さん、石原伸晃さん、河野太郎さん、そして小池百合子さんもその気なんですね。新しいとはいいましても、おなじみの人には変わりありませんが、民主的という意味で実にいいことです。先の民主党みたいに、小沢一郎さんのほかに候補者がいないというのでは、閉鎖性を感じてしまいます。
共産党や公明党みたいに、そのカーテンの中だけで決め手しまっては暗黒的でいい感じはしません。大野党の民主党なのですから、その明るさを強調するためにも、選挙は必要ですよね。
麻生幹事長を除き、必ずしも今の時点で、なにがなんでも総裁になんてそんな覚悟なんかありませんね。この際に立候補しておいて、名前と顔を売っておいて、党内で少しでも歩を固めてこうぐらいにしか考えてはいないでしょう。麻生さんに少しなりとも挑みかかり。なにかいい閣僚の椅子のおこぼれでもという魂胆に思えるだけです。そんな方々が選ばれたものなら、かえって困惑してその先は病院かもしれません。それでも立つということは、実にいいことです。緊張感も与えますし、関心も高まります。
私が望む総理総裁は、
1、拉致問題の完全解決。
2、北方領土の一括返還。
3、竹島における韓国施設の完全撤去と日本領土の明確。
なのですが、こんなことをいうひとなんて誰もいませんね。皆さん、明るさとか豊かさという抽象的な夢ものがたりだけしかいいません。わが国にも、アメリカ大統領選における共和党の副大統領候補の女性アラスカ知事みたいな、バイタリティー溢れる闘士がいればいいのでしょうが。
posted by さっぜさん at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。