2008年09月09日

9月9日 新理事長に期待

相撲協会の最終判断が決まりましたね。理事長が交替し、疑惑の二力士が解雇されました。適切に決断したと思います。
特に二人の兄弟力士は、検査結果が出たにもかかわらず、大声で否定したわけですから同情もできません。むしろ被害者であるかのようでした。権威ある機関が判定したわけですし、自分の行動を省みて認めることをしなかったのでしょうか。ますます救いようのない立場に追いやられてしまいました。処分を最小限にくいとめたいなら、なぜ素直に認め、積極的に自白しなかったのでしょうか。親方がシラをきるようにいいふくめたのでしょうか。潔く告白し、許しを乞うものなら謹慎程度で済んだかもしれません。幕下や三段目あたりから、這い上がることもかのうだったと思います。あのように強気で突っ張れたものなら、なにも同情する気にもなりません。難しいですね、外人を育てるのは。
このたび新理事長に就任した武蔵川理事長は、武蔵丸を入門させるさい、二年ぐらいの猶予期間をおいたそうですね。その間に、ものになるかそうではないかを見極めたうえで入門を許したということでした。そんな武蔵川親方が協会を束ねていくわけですから、緊張感も漂う相撲界に戻りそうな気がします。今の恵まれた環境で育った子供たちがお相撲さんになるわけですから、厳しく鍛えて育てあげることだけでは無理でしょう。でも基本的には、「鉄は熱いうちに・・・・」なのでしょうね。
posted by さっぜさん at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。