2008年09月10日

9月10日 重病説

「やはりそうだったか」というのが実感でした。今朝のトップニュースでしたね。北朝鮮のキムジョンイルが、重体もしくは重病ではないかという説がかなり濃厚になりました。もうひとつきほど前に早稲田大学の重村先生が、「キムジョンイル死亡説」のような憶測めいたものを週刊誌に明らかにしていましたね。それでも世間的に騒いでいませんでしたので、完璧な未確認情報と片付けていました。それがけさのニュースで、昨日の建国六十年の式典に欠席したということで、俄然高度な情報になってしまいました。今後の最大の関心事ということになりましょう。
当然気になることは、拉致問題の行方です。全ての日朝の交渉が中断しないかという危惧されます。個人的には一日でも早く他界してもらい、なにかのエネルギーが作用して、新生北朝鮮として生まれ変わり、拉致解決という朗報を期待してなりません。でも他界したところで、新たな後継者のもとに、引き続き暗黒政治を引きずっていくのでしょうか。党や軍の最高幹部たちは、我が身を守るという保身に躍起になることでしょうから、明るい希望は困難かもしれませんね。いつかキムジョンイルは自国の新たな流れにより、裁きを受けてもらいたいと願っていたのですが、それも遠のいたような状況下になりましたでしょうか。そんな意味では残念です。
今の事態がどう推移するのか、今後どんな状況に発展していくかなど誰にもわかりませんが、ただただ民主国家として第一歩を踏み出してもらいたいものです。そんな意味で、ひとつひとつの動向が大ニュースです。
posted by さっぜさん at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。