2008年09月22日

9月22日 彼岸花

今の時期、彼岸花が見事ですね。近所をウォーキングしていると、あちこちで季節の喜びを楽しませてくれています。お彼岸ならでわの、ぴったりした赤い花なのでしょう。あの世からの御霊さんたちも、喜んでくれそうな、鮮やかなベニの色でいいじゃないでしょうか。私も手を差しのべ、愛でながら親しんだんですよ。
その赤い彼岸花さんは、かみそりばなとか、まんじゅしゃげともよばれるそうですね。また、似たような名前で、まんだらげという花もありますね。私は存じませんが、古来から医療にも用いられているようです。有吉佐和子さんの華岡青州 (ハナオカセイシュウ)では、麻酔薬の製法にも使用されていました。
花は美しいばかりでなく、人体に有益なものもありましょうし、草だって薬草もありますね。またケシボウズのように、悪魔めいたものもあります。どこかで人との関わりがあることを思えば、口にしなくとも野菜のように、大事な大事な命の泉でもありましょう。
posted by さっぜさん at 07:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。