2008年06月13日

6月13日 スピード水着

オリンピック代表の競泳選手が身につける水着で、連盟から大きな決断が出ましたね。本番の北京でOKというから、いい決着でした。これで日本選手もいいイメージを身体にしみ込ませて、最終トレーニングができることでしょう。
北島選手も軽やかな気分で、米国合宿に出発したみたいですね。私はスピード社のものより優れた水着を、日本のメーカーが開発するだろうと思っていました。結局、及ばなかったようですね。なんにせよ、北島選手の200メートル平泳ぎ世界新というサプライズがでたのですから、これが現実そのものでしょう。なにかと複雑な契約事情もありましょうが、違約金を払ってでもあの水着を使わないといけないでしょう。いま現在では、もう日本製には戻れませんね。
選手の皆様も、あの水着を身に着けることで、いい意味での暗示にかかり、いい泳ぎができることでしょう。
でも外国人選手の着用状況はどうなのでしょうか。全員がスピード社で挑むのでしょうか。そのあたりの報道がないようですが、どうなのでしょう。やはり最後は、自分の実力なのでしょうね。北島選手も優勝して、「超気持ちイイー」から、今度は「水着なんて、そんなの関係ネー」なんていってもらいたいものですね。
posted by さっぜさん at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100364565

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。