2008年06月14日

6月14日 ひょっとして

「北朝鮮が、これまでの拉致問題は解決済みという方針を変えて、再調査を始める」というビッグニュースが昨夕ありましたね。そんな直接交渉の朗報が飛び込んできました。私は素直にうれしいんです。それは、よど号ハイジャック事件の犯人も引き渡すという北の意志が併せて報じられたからです。通常といいますか北の常套手段では、ここまで踏み込んだことはありませんでした。私は、率直に喜びたいんです。
日本政府の経済制裁と、アメリカのテロ支援国家私邸がジンワリと効いてきたと、私も判断しています。韓国も融和政策の失政に気づき、中国も先進国の道を歩き出していますので、支援を得られない北のもがきなのでしょう。
でもこれまで、再調査だの特別調査だのといいかげん翻弄されてきました。どうでしょう今回は、同じ手が何度も何度も使えるわけもありませんので、いい流れになってきたと感じているんです。家族会の大多数は「信用できない、これまで何度もだまされてきた」といういけんが、支配的ですね。当然でしょう。家族会の皆さんが、一番その無念さを繰り返し味わってこられましたね。その意味で我々が軽率に浮かれてはいけませんが、よど号のことも絡ませて、脈があるように感じられてなりません。
今回の直接交渉が成果あるものなら、「やぅたね福田さん、斉木さん」と讃えなければなりません。小泉さんで5人が帰国できその後継たる安倍さんで最も期待したのに、総理職の放棄で愕然とさせられたからです。福田さんは、「自分が総理の時に解決する」とブッていました。私は眉つばだろうなんて疑っていたんです。もし前面解決なら、吉田茂さん依頼の大宰相と思うのですが。実現したなら、問責決議を通した民主党議員は、全員辞職ものですね。
ライムライトのチャップリンではありませんが、「どんな神様でもいいですから助けてあげてください」。
posted by さっぜさん at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。