2008年06月28日

6月29日 くちなし

このところ散歩がてらのウォーキングをご無沙汰していました。なんとも久しぶりのオイッチニでした。
喜多見駅前から、不動坂を登って成城のご立派なお屋敷町を歩いたしだいでした。特に変わったこともなく、歌手のSMさんの邸宅前を通過して帰宅したわけであります。そして、不動坂を下ったわけでありますが、今日は車がかなり渋滞していたんです。お陰様で、車の排気ガスをこの坂道で腹いっぱい吸わせてもらいました。外を歩けば気も晴れてせいせいするんですが、排気ガスのご馳走もいただかなければなりません。有難くないですよね、こんなもの。
そんな不快な状態でいささかごきげんななめでしたが、ふと道端にくちなしが咲いていたのに気づいたんですね。そんなくちなしの存在なんて、すっかり失念していました。もう完璧な夏になっていたんですね。当然その優雅で高貴な匂いをかがせていただきました。あのジャスミンとは違った夢心地の香りですよね。身体がすっかり清められ、重々しいシイオウツーが中和された気分でしたよ。どうしてあのような芳しい匂いを奏でられるのでしょう。いっきに夢ぞの花園に恋した気分でした。ひと呼吸置いて、伯爵夫人と鹿鳴館でのひとときを想起したんです。ワインをいただいて、ワルツを踊る。そんな白昼夢さえ見えてまいります。
散りゆくその前に、もう一度ラブコールを。明日か明後日かに・・・・。
posted by さっぜさん at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101706789

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。