2008年07月16日

7月16日 民事裁判

民事裁判なんて、経験されたお方は少ないのではないでしょうか。被告人という立場はもとより、原告にせよいやですよね。かなうものならこんなこと避けたいものです。
その民事裁判の当事者として、私さっぜさんは臨むことになりました。詳細を語ることはできませんが、ある金銭問題で原告席に立つことになりました。法廷はとある鹿児島県内の簡易裁判所なんです。しかしそうは申しましても、私にも事情がありまして帰省できないものですから、司法書士に代理訴訟を依頼することになりました。
ところがこの代理というのが曲者でして、割と簡単な仕事と思われるのに、いい高料金の報酬を請求してくるんですね。詳細な見積りなんてありません。いきなり費用の総額だけがズバッと明記されているんです。内訳を要求しても一切応えてくれません。かなりいい加減なものなんですね。私が被害回復を求める金額より高いんですよ。以前は決められた費用の基準があったらしいのですが、公取委が「基準を設定するのはおかしい」なんてことになり、司法書士の自由な裁量で決めているというんです。ですから依頼人と訴訟の規模から自由自在に費用を請求できるということになります。公取委がクレームをつけた背景には、あまりにも司法書士が、べらぼうな基準を設けていたからかもしれません。そこらあたりの事情は存じません。
法廷が東京なら、私とバディーが走り回るのですが、鹿児島ではそうもまいりません。皆様方もいつ訴訟の原告にならないともかぎりません。できるなら自分が直接訴状を書いて、法廷に立ったほうがいいですね。最高裁のホームページを見れば、訴状の書き方といいましょうか、雛形も出ているそうです。司法書士に大金を献上することはありません。
posted by さっぜさん at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。