2008年07月18日

7月18日 田代さん

タレントの田代まさしさんが、服役を終えて戻って来たんですね。私の意識のなかでは、服役してからまだ一年ぐらいにしか感じていませんが、もう三年半になりますか。
きのうのお昼のワイドショーウ番組で、芸能界復帰も視野に入れたという記者会見を放送してました。でも、なにせ薬物事件でしたから立直りもやっかいです。出所して自宅に帰り、従前どうりの友人関係を続け、テレビだの舞台だのと同じような仕事ならば、また手を染めそうな気がします。とにかく再犯性の高い犯罪ですね。出所したなら、さらに三年程度、山奥にこもるぐらいの覚悟が必要かもしれません。飽食や虚栄心、過敏な性欲、歪曲した経済感覚などを捨てきれないかぎり、普通の健康体にはかえれないかもしれませんね。
番組のなかで、田代氏と仕事関係を有したお方が苦言を呈していました。
「出所して芸能界で、また甘い世界で生きようとするなんてとんでもない、真剣に社会復帰を考えるなら他の道を選べ」
こんなコメントでした。なかなか立派な注文だと思います。ところが、スタジオの女性ゲストがおかしなことをいいだしました。
「芸能界で甘く生きるということはありえません。みんな一生懸命仕事しています」
ということでした。しかしどうでしょう、「芸能界復帰」というワードがあることじたいが甘いでしょう。公務員だの会社勤めだのと、ごく一般的な勤め人としての職業の範囲なら、「復帰」
というワードは絶対ありえません。いいですよね、復帰可能なお仕事なんて。
今後どのように生きていかれるかご自身の問題ですが、ファンデーションは心身の健康そのものではないでしょうか。
posted by さっぜさん at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103106158

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。