2008年08月12日

8月12日 二人のゴールドメダリスト

やりましたねやりましたね、柔道の内柴(うちしば)選手と競泳の北島選手。一昨日が圧倒的な強さで内柴が金メダル。そして昨日、北島選手が世界新で金メダル。そしてこの二人、ともに二連覇ですよ。もう私は、シビレまくっています。
まず内柴選手ですが、その勝ちかたが強烈です。決勝戦でフランスの選手にギブアップさせてしまったのですから普通じゃありません。柔道ですから、投げたり押さえ込んで勝つ、あるいは優勢で勝つのが普通ですね。まいったしても、絞められたり間接を取られたりして、技によるギブアップです。この場合は、戦意喪失によるギブアップですから信じられません。相手の選手にしてみれば「とうていかなわない」と判断してのギブアップということになりますね。これ以上の凄い勝ちかたもないんじゃないでしょうか。
そして北島選手です。なにせ世界新記録での金メダルですから金メダルをふたついただいてもいいような値打ちものですね。レース直後のインタビューで、言葉になりませんでした。あらゆる責任を果たし終え、ビッグな結果に意識を失ってしまったような感じでした。涙と歓喜に声さえ出ないという感じでしたね。
どうしてこうも人とはおもえない大技荒技離れ業をやってのけられるのでしょう。私のようなグズには異次元のことで、異星人のような出来事のようにさえ思われます。
そんな超人たちの戦いは始まったばかり。これからどんなシナリオなきドラマがありましょうか。楽しみなんてものじゃありません。
posted by さっぜさん at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104609621

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。