2008年08月15日

8月15日 失望

昨日大変な事態が発生してしまいました。日本柔道の金看板で、日本選手団の主将を任された鈴木桂治選手が二本負けしてしまいました。こんな悪夢を誰が想像しましたでしょうか。これが現実のありのままの姿であり、勝負の厳しさなんですね。
かつての山下泰裕さんは、ロサンゼルス五輪の無差別で片足でも優勝しました。鈴木選手もその資質という意味において、互角のものを持ち合わせていると思うんです。でも完璧に異なるのは、「先手必殺」というモチベーションの差ではないでしょうか。組んだら真っ先に自分の得意技で勝負にでるという気迫ですよね。鈴木選手は、相手の動きを見ながら相手を疲れさせ、動きが鈍ったところで勝負をかけるというパターンのように感じられてなりません。そんなことをしている間にやられてしまったということじゃないでしょうか。結局なにもせず、畳にあがっただけということになりました。しかも二度までもということですから、私も残念という言葉も感情もおきません。なにかいいブログ記事が書けると思っていたのですが、悔しいかぎりです。
どうでしょうか、鈴木選手は今後帯びを締めることがありましょうか。仮に引退したなら、井上選手のように、惜しまれかっこよく引退出来なくなってしまいました。どうしましょう。私の感情といたしましては、赤鬼青鬼となって、海底から這い上がってもらいたいのですが。もう年齢的にも、気力体力の充実は期待できませんでしょうか。そんなことありませんよね。ゴールドメダルに輝いた内柴選手が印象と的奈言葉を残しました、「柔道着は私の作業着ですから」。
もう一度頑張りなおせ!鈴木桂治さん。
posted by さっぜさん at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104769559

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。