2008年08月23日

8月23日 日韓戦その二

一昨日の日本女子ソフトボールが優勝し、今度は野球の番だと意気込んで応援したのですが、なんともがっかりしてしまいました。リードしていたのに確実に追加点が取れず、不吉な予感がしていたところ、ジャイアンツのイスンヨクにやられてしまいましたね。シーズン中の岩瀬とは思えない、不調続きのオリンピックゲームでした。でも戦いが終われば、あとはもう日韓友好でしょうか。ゲームを決めたのも、ジャイアンツの主軸打者でしたし、今後も活発な交流を期待しましょう。これがスポーツですよね。
前回の予選リーグの日韓戦では。ついつい竹島問題などが頭をよぎりましたが、昨日の決勝トーナメントではそんな邪心どころではなく、勝負に熱が入ったしだいでした。なんとか投手が踏ん張り終盤まで持ちこたえましたがねえ。さぞ皆様も、がっくりと肩を落としたことでしょう。「江戸のかたきを長崎で」はありませんが、去年のWBCのお返しパンチを浴びせられたような気がします。中国戦でバカスカやりましたので、いささかやり過ぎで、「明日以降に反動がこないか」という憂いがありましたが、現実になってしまいました。
今日は三位決定戦ということですが、勝って銅メダルということになりましても、笑顔も曇りがちな喜びになりそうです。星野さんは聖火リレーランナーもつとめましたし、最強メンバーを揃えたという自負もありました。必ずゴールドメダルが取れるという自信もあったでしょう。事前のインタビューも意気揚々でしたね。悔しくもあり歯がゆくもあったことでしょう。ベースボールが盛んな国は限られていますが、その国の相対的な力は、ほとんど差はなくなってきていますね。きっとそんな国々で、少年野球が盛んなのでしょう。私の近親者で、ひたすら少年野球に励んでる子がいます。応援する周囲の者たちを、湧かせてもらいたいものです。
posted by さっぜさん at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。