2008年08月26日

8月26日 三井化学

昨日のニュースで、三井化学が二酸化炭素からプラスチックの製造に成功したとの報道がありましたね。凄い研究成果じゃありませんか。いやあ、できるものなんですね、こんなこと。まるで人類の最大の極悪人を見かねたお釈迦さまが、善人に導きなおしてくれたような心持です。あらためて日本の工業力といいましょうか、技術力に敬服いたします。
現実問題としまして私には、地球の二酸化炭素がどの程度蓄積され、どれほど排斥すればきれいな地球に蘇るのか知るはずもありません。極悪人
を退治できる端緒のひとつが、見えてきたような気がします。源頼光の、大江山の鬼退治のようです。
今後あらゆる角度から二酸化炭素の消滅研究が進みましょう。そして、石油に頼らないすがすがしい地球の実現がそこまできているようですね。
私もふと思うことがあるんです。この地球の大半を占める大海の海水から、エネルギーは創出できないものかと。つまり、海水で車を走らせたり、飛行機を飛ばしたり、また冷暖房に供したりというわけにはまいりませんでしょうか。今のままでは、陸地が沈んでしまいそうですよね。私みたいなものが気をもむような問題ではありませんが、地球沈没になりませぬよう。
posted by さっぜさん at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。