2008年09月14日

9月14日 今度の総理は?

かつて東宝で、「日本のいちばん長い日」という戦争映画が上映されました、いちばん長い日とは、昭和二十年八月十五日をさすわけでありまして、なるほど一番長かった日だったことでしょう。そんな長い日を、NHKの「そのとき歴史が動いた」で二週にわたって放送しました。第一夜は、陛下が八月十五日の正午、あの玉音放送を流すまでの軍部と政府の争いを中心に描いていました。つまり徹底抗戦の阿南陸相と降伏を主張する東郷外相とのかけひきでした。そして第二夜では、九月二日のポツダム宣言に従い、戦艦ミズーリにおける調印にいたるまでの苦しい過程を伝えていました。いずれも日本がこれまで経験したことのない敗戦による降伏という絶望の記録でした。なんにしても、最終的に陛下の御聖断で事を決したということになります。つまり、「意見や議論は出尽くしました。政府では決しかねますので陛下が決めて下さい」ということになります。総理大臣がいましてもまとめることができなかったわけなんです。総理の優柔不断は、昔からあったわけなんです。陛下が東郷茂徳の意見に賛同しなかったならば、さらに日本は壊滅的になり、私も生まれていなかったことでしょう。
テレビで自民党総裁選を盛り上げています。総裁イクオール総理大臣ですから、自民党だけの問題ではありません。候補者五人ということですから、いい傾向にあります。それぞれの持ち味をアピールしてますね。でも、「私が総理になったら、途中で投げ出すという無責任は絶対いたしません」という候補者はいないようです。「苦しくなったら変わってもらおう」などというヤワい総理が、繰りかえされなければいいのですが。阿南さんや東郷さんのような、鉄の意志をもつて、国政に挑んでくださいませんか。戦時中の苦しさを思えば、石井選手ではありませんが「屁のつっぱりにもならない」と思いますが。
posted by さっぜさん at 09:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■民主に「話し合い解散」論=新政権追及の機会探る―政治にも民間活力(NPO)を!!

こんにちは。党利党略ばかりでは、国の政治はおろそかなるばかりですね。私は、日本では欧米諸国に比べて格段に遅れている、NPOにもっと力をいれるべきだと思います。NPOは、欧米ではソビエト連邦が台頭し大きな政府による社会福祉政策を実施すると宣言する前までは、社会福祉政策のほとんどを実施していました。ソ連崩壊後には西欧諸国でも、また福祉や社会問題などに関してNPOが活躍するようになっています。経済では西欧に追いつけ追い越せで、何とかしてきた日本も、NPOによる社会事業の面では西欧諸国に完全に遅れをとっています。このままでは、社会が駄目になり、ひいては経済も衰え日本は没落すると思います。今の政治はどこか間違っています。政府がやるべきではない仕事を実施して、疲弊しています。政府ではなく、本来NPOがやるべき仕事まで、独立行政法人などにやらせて、大失敗しています。この辺の仕組みを変えなければ、永遠に今の手詰まり状況は改善・改革されないと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2008年09月14日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106529474

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。