2008年09月15日

9月15日 敬老の日 

今日は敬老の日で祝日ですね。こんな祝日なんて有難いものやら、なにもそのような有難いことなどないような。今の私にとりましては、なんとも複雑な思いがあります。
私はあと六年で高齢者の仲間入りなんです。老人と高齢者、いずれがすんなりと耳に聞こえてきましょうか。マユズミ ジュンさんという女性歌手をご存じかと思います。たまの唄番組で見かけますね。天使の誘惑というあの頃のヒット曲を歌ってくれます。赤いミニスカートのドレスで、きれいなお膝を出していいムードで聴かせてそして魅せてくれますね。その黛さん、私より二歳年上なんです。さすがにフレッシュな若さはありませんでしょうが、まだこれから嫁にでもいきそうな勢いを感じたのは、私といかほどおられましたでしょうか。(言いすぎでしたか、すみません)。私などもそうやすやす年なんかとっておられません。
私も六十歳から、もう一度人生が始まると思っているんです。始めたいスポーツもひとつやふたつありますし、いまひとつお手てにしたい楽器もあります。「定年すぎたらあれこれやらなくちゃあ」と考えていたものがあります。ひとつずつ門を叩いてみましょう。人様が「なんだあいつはみっともねえ」なんて笑いましょうとも、自己満足を楽しまねばなりません。まだそんな時間は充分ありそうですから。
そのうち敬老の日に「おめでとう」とか、「うんと長生きしてね」などといわれることもあるでしょう。そんなときは、「病院が遠すぎてねえ」なんてこたえなければなりません。
私の健康食品ナンバースリーは、ヤクルト、ヨーグルト、ピーナッツなんです。今日もあしたもあさっても。
posted by さっぜさん at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。