2008年09月17日

9月17日 藤沢もの

このところ藤沢周平さんの短編ものに触れる機会がふえました。武家ものにせよ、町人ものにせよ、身近な暮らしのなかでの人同士の人情や、生きていくための意地が絡んだりしたストーリーは、グッと味わいを深めてくれています。
そしてページを追いながら、時代は変わろうとも、男と女のマインドシップやスキンシップは、昔も今も言い尽くせない彩があることを思い知っています。「おまえさん」とか「おっかさん」という江戸弁漂う庶民ばなしがいいじゃないですか。東北は山形ご出身のお方とは思えません。作中のところどころに、出合い茶屋など、お遊びな場面もなくてはならない舞台で、そんな粋を必要としてますね。山本周五郎が硬派の庶民小節なら、藤沢さんは、やや世俗的な遊び人の世界にも通じた作風でしょうか。そんな浮いたやりとりに、自然と招かれていきます。
また機械があれば、藤沢劇場に出会えましょう。いい男が先を歩き、かわいい女があとからついてくる。現代の恋物語とはそぐいませんが、お江戸の窮屈な恋ばなしとして、肩入れしながらはまり込んでいます。
posted by さっぜさん at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106687511

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。