2008年10月15日

10月15日 窓風鈴 冬

私はあるメーリングリストにグループしてます関係で、毎月一回パソコンの自習会に参加しています。その定期自習会が昨日ありました。以前のブログにも書きましたが、私はパソコンンのアイコン画面のデスクトップに、ダウンロードした風鈴をインストールしているんです。この風鈴は四季ごとにその趣を変えることにしています。これまで、夏風鈴、秋風鈴を楽しませていただきましたが、昨日の自習会で冬の風鈴を取込み、BGMふうに鳴らしているんです。冬場に風鈴というのも奇異なものに感じられましょうが。実にいい趣を与えてくれているんです。つまり、「シャリシャリ」と、トナカイが雪道を駆ける音、そして除夜を思わすような寺院の鐘の音。このふたつの組み合わせが、寒々とした冬の夜を暖かいものにさせてくれることでしょう。なんでしょうね、クリスマスの夜と大晦日の夜を、同時に迎えているような気分にさせられます。紅白が終わり、京都知恩院ののの鐘で、新年を迎えるが如くです。そして、デスクトップにおきましては、松の木に雪がしんしんと降り、赤穂浪士がまさしく討ち入るような、吉良屋敷を思い起こす情景が写しだされています。私はまだ、この窓風鈴シリーズの春風鈴を知りません。さあ、どんな趣向の風鈴にめぐり逢えましょうか。とてもとても楽しみです。
でも、私ひとりでは、こんな窓風鈴にアクセスできません。やはりメートの有難さを忘れるわけにはまいりません。そんな自分の周囲や環境に、深く感謝しています。
posted by さっぜさん at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。