2008年11月04日

11月4日 大月みやこ学園祭コンサート

昨日の11月3日は、各地の大学で学園祭が花盛りだったことでしょう。女性演歌歌手の大月みやこさんが、国士舘大学の楓門祭(ふうもんさい)で熱唱するというふれこみでしたので、はせさんじたしだいでした。
今年からオープンした、新しいキャンパスのサンクンガーデン特設会場に陣取ったものでした。いやあ出てくれました出てくれました、大月みやこさんが。あのテレビで歌うそのままの和服スタイルで。白い海峡、女の港、女の駅、そして新曲の「終着駅にて」をライブそのものの迫力で聴かせてもらいました。私も演歌ファンといいましょうか、歌謡曲ファンといたしまして、実力派歌手の歌ですからズシリと胸に迫るおもいで聴かせてもらったんです。いいものですね、味わいのある歌を、熟年の一流歌手が歌いますから。無利なくそんな歌の情景が浮かんでまいります。
「口紅が濃すぎたかしら、着物にすればよかったかしら・・・・」、なんとも波止場シーンを想像してしまいます。それも漁港ではなくて、裕次郎さんあたりが登場するような、イカした赤い波止場でしょうか。そんなマドロス気分にさせられる、船村メロディーのライブでもあつたのではないでしょうか。
学園祭ならば、学生受けする若いアーチストや、お笑いタレントのステージが定番ですが、どうして大月さんをコールなさったのでしょう。多分、大月さん自身、学園祭に招かれたのは初めてだったのではないでしょうか。かなりのっておられた感じでした。当然のことでしょうが、中高年の来客で溢れていました。私の周りも、私以上の年齢のお姉さまがたでありました。私にとりましても、久しぶりのいい大学でのコンサートでしたね。
その大月さんは、梅が丘の美登利寿司のファンということでした。なおさら親近感を感じます。
posted by さっぜさん at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。