2008年11月05日

11月5日 60億分の1

北京五輪柔道の金メダリストの石井選手が、とうとう進路を明確にしたようですね。柔道か格闘技かで世間をやきもきさせていましたが、やはり格闘技を選んだようですね。
つい先だっての陛下主催の園遊会で、「ロンドンは目指しません」と陛下に応えていた言葉は、真実でした。まさか陛下に浮かれたことなどいえるはずもない、と思ってはいました。これで全柔連も、仕方ないなんて諦めもついたのではないでしょうか。重量級のチャンピオンを失ったわけですので、来年の世界選手権など、不安だらけの日本柔道ですね。これまでいろんな柔道選手が輩出されてきましたが。あんな強心臓男も、珍しいのではないでしょうか。その強心臓男が、インタビューでまたまた人を食ったことを語っていました。「60億分の1になりたい」とブッてしまいました。つまり、世界で一番強い男になりたいというんですね。目標を語るのはよろしいんですが、空手形になった場合、実に面目丸つぶれという事態になりかねません。いや、結果を恐れて前に進まないのはなおさらよくありませんが、ここまで放言しますので、自信ありとみて期待せねばなりません。いま格闘技でどなたが一番なのか存じませんが、歓喜するも憤死するも、力道山や猪木のような戦いをしてくれることでしょう。資質的には充分なのですから、巨象を殴り倒す意気込みで戦ってください。
私のような柔道ファンといたしましては、ロンドンや全日本を楽しみにしていたんです。でも、またノックアウトという別な世界での楽しみにもなりました。なにせ、60億分の1ですから、たまりません。
posted by さっぜさん at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109118165

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。