2008年11月09日

11月9日 リニア

十七年先を目途に、JR東海がリニア新幹線について、国土交通省に具体的な申請をして10日ほどになりましょうか。東京と名古屋を、最短ルートなら四十分で結ぶとか。時速500キロの、スーパーブリットトレインですね。
今の東海道新幹線の老朽化と過密化のことを思えば、当然のステップアップでしょう。リニアがいいのか、次世代のもう一歩進んだ車輪のニュー新幹線がいいのか私にはわかりません。でも、どうせならリニアに期待しますし、実際に万博で実用ずみです。
その工事費は10兆円が見込まれるそうなので、超巨大プロジェクトになります。それでも単年度に黒字化できるという試算があるようです。いいですよね、時間短縮という利便性のみを追求したならば。運行便数も多いわけですから、飛行機よりも便利になりましょう。そのためには、運行距離がまだまだ伸びなければなりませんが。
このリニアは、山また山を突抜けて走りますので、トンネルトンネルの連続だそうです。そして構造上、シェルターに囲まれた筒の中を走ることになりますので、車窓からの眺めなんてありません。ですから、旅を楽しむなんてそんな風情は捨てなければいけません。しかし、目的地まで急ぐという願いを優先したならば、ドラエモンのどこでもドアになりますね。羽田などの飛行場まで難儀し、フライト時間の遅れが普通の事態だと思えば、はるかに便利になるやもしれません。仮に東京大阪間が実現したならば、現行の新幹線にも余裕が生じましょうし、透明高速も透いてもきましょう。まだまだ長い十七年後ですが、そんな未来空間をSFしてみましょうか。
posted by さっぜさん at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109305089

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。