2008年11月10日

11月10日 日本シリーズ

日本シリーズの熱戦が終わりました。いいゲームの連続でしたね。前半戦は投手戦で、中盤戦は打撃戦になり、終盤戦は投手戦に戻りましたでしょうか。1点差の攻防が続き、日本プロ野球 の最高ゲームにふさわしい試合内容でした。クライマックスシリーズも盛り上がりましたが、やはり日本一を賭けたビッグなものでした。
私はいずれの球団がというわけではありませんが、原さんのファンですから、ジャイアンツが気になってしまいました。惜しむべくは、高橋と阿部両選手の欠場ではないでしょうか。
駒を落としたといいましょうか、はまり役でおなじみの役者がいない舞台のようで、なんとなくお芝居になりません。西武もカブレラがいませんし、これまでのような西武のような気がしませんでした。ジャイアンツの敗因のひとつに、イスンヨクの不振が響きましたね。私はオリンピックで、日本の希望を絶ったとどめのホームランの印象が強いものですから、ここ一番の韓国キムチパワーを信じていたんです。ことごとくバットは空をきり、いいとこで三振ショーを演じてしまいました。なかなか思うように、バイオリズムが上がりませんでしたね。期待どうりにはいかないものです。
さあ、日本シリーズが終わればアジア選手権ですか。なんとなくもう野球は充分という感じですが、始まってしまうとまた気になるんですよね。西武の選手の方は、充分な休養なしで戦うことになりますが、自分の力量のアップと心得、全力投球していただきたいものです。特に岸投手の魔球の妙技と、片岡選手のファイターぶりが見者です。
posted by さっぜさん at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109363522

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。