2008年11月14日

11月14日 障害者にも加算を

麻生総理のビッグプレゼントが、紛糾していますね。景気対策に効果がないとか、選挙目当てだとか、あるいは詳細について統一した具体案がないとか、話が先に進んでいません。三年先の、消費税アッゥまで懸念していますし、国の借金の増加まで心配なさってもいます。政府の決断ですから、財政を気にすることもないと思うのですが。消費税も先々のことなど、確たることはいえません。ブログにも書きましたが、民主党に政権交代があれば、三年先のことなどわかりません。
特に年齢の問題と、高額所得者の給付範囲の是非など、数学的議論が先行しすぎではないでしょうか。細かすぎます。所得の多寡をを云々すべきではないと思います。たとえ年収が100億あろうとも、等しく給付してください。辞退や自主返上なさる奇特なお方は、その尊い意志をお受けするのみでしょう。ただただ、日本国憲法の精神に照らして、平等を尊ぶのみです。
そして議員のなかには、「給付金という定義づけがいかん」などというご立派なお方もおられました。なんという庶民性の欠けたお方でしょうか。国民の大半は、明日にでも欲しいというのに、リッチなお方は大義名分を説いています。こんな重箱の隅をつっつくことをして、遅らせてはなりません。
そこでさっぜさんは思うんです。18歳未満と65歳以上に加算があって、なぜ障害者には心配りがないのでしょう。一般的に65歳胃上のお方よりは、むしろ障害者のほうが弱い立場にあるかもしれません。そうそう、さっぜさんは昨日御前、自由民主党本部に電話し、「加算対象者に障害者を加えるよう申し入れいたしました。もちろん応対された方は、「その旨を必ず伝えます」と応えていましたがどうなりましょうか。シカトウされましょうが、サイレントよりはましかと思うんです。
posted by さっぜさん at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。