2008年11月23日

11月23日 逮捕のニュース

朝、テレビスイッチを入れた時の第一声が、「小泉容疑者46歳を逮捕」でした。なんのことかと一瞬首をひねりましたが、まさかまさかの厚生労働省の元事務次官殺害事件の容疑者だというんですね。驚きましたし、任意出頭という意外さに呆然ともしました。
報道によれば、単なる粗暴な社会的有害者というだけで、事務次官に結びつく要素が見つかりません。凶器に使用したと思われる、血のついたサバイバルナイフを所持していたということで、九分九厘真犯人に間違いないのでしょう。これまでに警察が収集した証拠物件とつき合わせても、ピッタンコしそうですね。
でも皆様全員が感じますことでしょうが、犯行の動機はなんなのでしょう。警察には、「昔、ペットを保健所に殺された」などと頭を殴りたくなるようなことを供述したとか。これじゃあ精神鑑定までしなければなりません。もしこんな単純極まりないことがすべてなら、被害者の心情を思えば、一度や二度死刑にしたところで無念は晴れません。それにしましても、なんでこんな大馬鹿者が、事務次官経験者二名の住所を知っていたのでしょう。やはりこの馬鹿者は単なるヒットマンで、意図を引く者がいますでしょうか。被害にあわれた二つの家族は、現職時代に極めて責任の重いポストにありましたが、私のようななんの値のない庶民であっても、住所だの電話番号だのと軽々に教えられるものではありません。
つい先日、親戚を介して、「田舎の同窓生のかたから東京の住所を聞きに来た」という連絡を受けました。還暦会ということで名簿作りが目的なのでしょう。いやあ危険きわまりないことと感じ、お断りしたものでした。悪意はなにもないのでしょうが、600名を超える卒業生ですから、ごんな派生現象があるものやら油断できません。事実、四十歳会の時の名簿で三回ほど迷惑した経験があるんです。私もかつて職場にいたころ、男女を問わず、怖いお方が身近に住んでいることに驚かされてもいます。どなたにも用心を。
posted by さっぜさん at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。