2008年11月24日

11月24日 喜多見駅前広場コンサート

「第10回喜多見商店街感謝祭」という市民コンサートが、喜多見駅前広場で開催されました。私は喜多見界隈に住んでいながら、こんなコンサートなんて、初めて知りました。住んで二年ですから、知らなくて当然なのかもしれませんが。喜多見は世田谷区ですが、お隣が市民音楽の盛んな狛江市ですので、自然とそんな影響が及びましたでしょうか。
お昼のポカポカなお天気に、気をよくして聴きに出かけたんです。もちろん途中からの聴衆になりましたので、プログラムだのオープニングだのと、知るはずもありません。私にとっての演目の始まりは、なんとハワイアンの真っ最中でした。この真冬にハワイアンですから、季節無視のハワイアングループも参加したんですね。そんな舞台でしたが、私のお気に入り曲である南国の夜を聴かせていただいたものですから、やってきたかいがあったというものです。キュウバンルンバを基調にした、濃厚なハワイアンメロディーですよね。ついついムーディーな夜につつまれた、あやしい魅惑の真夏の夜を思いながら、満喫したしだいでした。そして加山雄三さんの「お嫁においで」ですとか、バッキー白片さんの曲だのと、気分は一気に南太平洋の浜辺にいざなわれたんです。ハワイアンなんてウクレレ演奏が主体になりますので、マヒナスターズのコーラスをチラリと思い出しながら、うっとりして聴かせてもらいました。ハワイアンを楽しんで歌い、演奏なさっているグループのかたたちが、身近にちゃんとおられるんですね。いささか年齢が気になりますが、あのミュージシャンたち、舞台に立てば青春そのものなのかもしれません。さらに洗足学園大学や、地元の国本学園の女性とたちの吹奏楽を聴いて帰宅いたしました。
じつは最終ステージに、じもと有志グループのオジサンたちによる熱演が控えていたのですが、野外での窮屈さに限界を感じ、やむなく席を離れてしまったんです。たぶん、団塊世代を中心としたバンド演奏だったと思います。きっと六十歳パワーで、奮闘してくれたことでしょう。来年は時間を調整して、おじさんバンドをきっと聴かせていただきます。


都合により、明後日の26日はお休みさせていただきます。
posted by さっぜさん at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。