2008年11月28日

11月28日 イスラム

インドのムンバイで、同時多発テロですね。日本人商社マンひとりが、巻きぞいにあわれて、お気の毒の極みです。昨日現在で、百人を超える死者が出ていますが、あとどれほどの犠牲者が増えることやら。
なんでもイスラム教徒の釈放をインド政府に要求しているとか。やはり宗教上の対立が根底なのでしょうか。あるいは、ブリックスという新興工業国インドに対する、外国資本誘致を阻害するための政治経済テロなのでしょうか。どっちにせよ、ホテルに立ちこもったわけですので、時間とともに鎮圧されるでしょうが、あと幾人の犠牲者がでることでしょうね。
なんにいたしましても恐ろしいのは、イスラム過激派ですよね。平気で自爆テロを敢行する連中ですから、こんな特攻戦死にかなうはずありません。なにせ、死ねば究極の桃色桃色した極楽へ行けると教えを受けた殉教者ですから太刀打ちできません。どうしてこうも宗教という狂人思想が、人の世に悲惨な事態を引き起こすのでしょう。私は浄土真宗しか影響を感じたことはありませんが、こんな殺戮を肯定する神があるはずありません。神という威信を借りた、ひとの欲望ですよね。そのイスラムが、世界最大の宗教なんでしょう、たまりませんよね。
あるお芝居でこんな台詞がありました。「神がひとをつくったのではない、神こそひとにつくられたのだ」というくだりなんです。素晴らしい脚本家だと感心してしまいます。
このテロリストたちは、あのアフガンのビンラーディンともつながりを有しているとも伝わっています。もう意識の中から消えかけていたビンラーディンの名でした。ビンラーディンなんて、生死や消息なんて不明ですね。でもあのエンマさまなら、きっちりとした処断をきっと・・・・。
posted by さっぜさん at 09:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援、ポチ、ポチ。頑張って下さい!!!また来ますね!!!遊びに来てください!!!
Posted by 元塾講師による悩みスッキリ塾!の中里 at 2008年12月01日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。