2008年12月05日

12月5日 ボロ市

今年もボロ市の季節が近づきましたね。ぶらりと出かけなければなりません。思えば昭和53年に、品川区から上町に越してきまして、それ以来馴染んできたボロ市でした。
あまり意味のない骨董など、つまらないものも買いました。でも、今でも自宅に飾っているものもあるんですよ。しかし、いいものもなかなかありません。口に入るものを、少しばかりおみやげていどに買って帰るのが一番いいのかもしれません。
そういえばまだパソコンがポピュラーになりかけのころ、壊れたパソコンを売っている店がありました。私も興味を覚え始めたころで、「パソコンに慣れるという意味で、買ってもいいかなあ」なんてチラリと衝動的に感じたことがありました、つまりオモチャがわりに遊んでみるという感覚でしたね。でも、私のバディーが袖を引きましたので、慌てて思いなおしたものでした。ただのゴミというそれだけのことでした。たぶん骨董にもならないしろものだったと思います。ついつい気になるものは、買いたくなりますよね。帰宅してから、情けなくなるほど後悔してしまうんです。
そういえば、映画のビデオも買ったこともありました。「夜明け前」と「蟹工船」を買いました。もちろん値切りまして、基準価格よりいくらか安く買いました。もうとっくにDVDの時代ですから、そんなビデオ屋さんも何年も前からなくなってしまいました。そして世田谷通りに面した、玄米パン屋さんもなくなってしまいましたね。ボロ市も、流行とともに去りぬのようです。
posted by さっぜさん at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。