2007年05月19日

5月19日 愛知県警

人質立てこもり事件が、ようやく説得に応じたという形で解決しましたね。私も野次馬として、外野から「まだかまだか」という思いでいました。私なりの自由な意見といいますか、感想を述べさせてください。
ひとことで述べるなら、愛知県警の大失態です。まず、打たれた交番の警官を即座に救出できなかったこと。次に、狙撃手が現場で、あろうことか逆に狙撃され死亡したこと。これが機動隊の一般隊員ならともかく、サットと呼ばれる特殊チームのスペシャリストが、たった一人の犯人の玉をくらってはいけません。これでは話があべこべです。次に、警察が現場に踏み込んで逮捕できなかったことです。短時間のうちに説得が功を奏して解決をみたならOKでしょうが、人質をとっての監禁ですから、一分一秒の勝負です。つまりは、警察らしい活動は、なにひとつなく終わったといえるでしょう。これでは、みのもんた氏でも現場にきてもらい、説得していただいたほうがうんと効果的のような気がします。これから犯人の長い裁判が始まりますが、現場で凶悪犯人を即決で「狙撃による死刑」を下せるのは警察のみです。
警察の特殊チームの存在意義まで問われてきましょう。殉職された警官が、なにかと同情されています。私も同じ気持ちです。一番悔しいのは、ご本人だったでしょう。きっっと「俺がぶち殺してやりたかった」と叫んで絶命したのではないでしょうか。今後の銃器乱射事件に対し、その抑止力を与えるためにも、おやさしい対応は時間の経過とともにゼロにしていただきたいものです。そして今回の現場の指揮官は、交番勤務からやり直しです。 
posted by さっぜさん at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42219104

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。