2007年06月25日

6月25日 神宮の菖蒲

ここ数年まえから、この時期明示神宮の菖蒲を見てきましたので、今年もということで、一昨日見てきたしだいです。しかし、私の両眼の衰えに比例して、その感動も低下してきました。江戸紫ということでしょうか、私は紫という色が好きでして、なんとか目に焼き付けたく皿のようにして見つめたのでしたが網膜に映りません。気ばかりあせり、なんとか一株なりともと思い歩きまわった結果、なんとか角度的に日陰的に、うっすら見えたものがありました。全体が濃い紫色で、たぶん立派に咲いていたことでしょう。なんとか私もそのおぼろなものが見えましたので、満足して帰宅したしだいです。

皆様は杉並区堀の内に、妙法寺という日蓮宗の寺があるのをご存じでしょうか。ここの菖蒲がいいんですね。手のとどく近い位置に咲いていますので、触りながら見られるかたには最適なスポットではないでしょうか。ただ世田谷区からは、交通の便がいささかですが。なんだか去年も同じようなことを書いた気がしますが、来年は小田急線の生田か相模原にでも出かけ、その艶やかな姿を見れたならば、記事投稿したいものです。
posted by さっぜさん at 09:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 20:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。