2007年06月28日

6月28日 食生活混乱罪

北海道苫小牧市のミートホープ社の田中社長が、あらんかぎりの偽装を用い、長年にわたりボロ儲けをしていたんですね。それも、「安井商品に飛びつく消費者が悪い」というようなコメントを残したのではたまりません。しかしこんな事案は、やはり氷山の一角なのでしょう。
鹿児島産黒豚なんて表示がどこまで正確なのかわかりません。事実私の親戚が、永年養豚業を営んでいますが、黒豚なんて一匹もいません。成長うが遅いので、敬遠されているのです。関の港に水揚げされたサバやアジなんて、遠くで漁獲されてもセキサバやセキアジになりますよね、中国産アサリやシジミでも、一度国内の浜に戻してしまえば立派な国産ですから。
何年も前から、食品衛生法違反とか、不正競走防止法違反なんて繰り返されてきたわけですが、その教訓が全く生かされないわけです。社員の口さえ封じておけば、絶対バレないと思っているんでしょう。他山の石を無肢し、自分の飛行機は落ちないことを過信しています。
こんなことでは、悪い奴ほどよく眠る結果になりましょう。刑法のひとつに「食生活混乱罪」とでも称する罪名を加え、懲役30年、罰金5億円の規定をもうけてもらいたいものです。よく、検挙に勝る防犯なしと申しますが、その検挙の前に、戒めを業界に徹底させ、「やったらおしまい」の気運を盛り上げてもらいたいものです。
posted by さっぜさん at 08:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 01:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。