2007年06月29日

6月29日 ロマンスカー

小田急線にロマンスカーが登場して、ちょうど50年だそうですね。記念して、キャラクター商品の発売もあるそうです。私鉄であのようなハイカラな電車がお目見えしたのは、小田急が最初でしょうか。文字どうり、東京のオアシス箱根を舞台に、週末や祝日などを利用して、幾千幾万人のロマンスをお手伝いしたことでしょう。
私も学生のころ、小田急線利用でしたので、「いいなあ、乗ってみたいなあ」と思い続けていました。結局初めて乗ったのは、社会人となった数年後のことでした。
そのロマンスカーもモデルチェンジをかさね、今では何代目なのでしょうか。喜多見のホームでぼんやり各停を待つとき、さっそうと通過していきます。あのスマートさは、沿線住民の誇りでもありましょうか。
難点は、小田原と箱根湯元間が単線だということです。当然スピードダウンしますし、モノレールのようにこころぼそく貧弱になります。小田急電鉄と箱根登山鉄道との兼ね合いもありましょうが、なんとか立体化するなど、複線化してもらいたいものです。
posted by さっぜさん at 09:10| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしは、去年の夏にロマンスカーに乗りました。それも幸運な事に先頭車両の最前列でしたので、大変見晴らしのいい、快適な旅でした。なんだか運転手さんのような気分でした
そういえば、随分昔の事になるのでしょうか、お絞りと紅茶を出してくれていた時期があったような気がします。その頃は今よりスピードも遅かったのでしょうか。そして高級感をアピールするための演出だったのでしょうか。
Posted by ガラ at 2007年06月30日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46191709

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-06-30 17:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。