2007年07月14日

7月14日 台風4号U

台風4号が南九州を飲み込みはじめました。これから一日かけて、猛威をふるうことになります。時速25メートル程度で縦断するといいますから、「早く行っちまえ」と追い出したくなります。報道によれば、意識不明の重体のかたもいるようですし、大波を期待してサーフィンに挑む命知らずの若者もいるようです。
このブログを開いていただいたおかたで、台風の目を体験なされたおかたは多分おられないと思います。私は何度か経験したことがございます。それはもう見事な快晴になりまして、大嵐の地獄から、本当に天国に一瞬にして反転するんですね。大吹雪きの津軽から、春真っ盛りの菜の花畑に舞台が変わるんですね。その時間が台風の規模にもよりますが、20〜30分間あるんです。その間あわてて周囲を点検し、補修にとりかかるわけです。そして一転元の地獄に戻され後半戦ということになります。これを吹き返しといいますが、さらに強い風力に襲われます。
台風の直撃を受けますと、水不足は解消されますが、被害のことを思うと、なんとか科学力で、その規模を小さくできないものかと思います。
台風の怖さは、地震・台風・火事・カミナリの順じゃないでしょうか。
posted by さっぜさん at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当かなぁ?と思われるでしょうが、いつの頃でしたか、でもはっきり覚えています。
東京でもそんな事があったのです。確かに無風状態になってしかもきれいな青空なのです。
父親に言われて感心したことがありました。そしてその情報をニュースでも見ましたので、大変珍しい事なのだと記憶しています。
このお話とは関係ないのですが、明日はいい事があるので、早くどこかにいってしまえばと思っています。
Posted by ガラ at 2007年07月14日 17:12
台風の速度を単位を間違えたのかな?時速25キロメートルでは。
Posted by みやちゃん at 2007年07月15日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。