2007年07月23日

7月23日 華岡青州

私の近親者が、乳ガンの予防検診までといいながら、さきほどでかけました。特に気になることもないのでしょうが、有難い行政機関のサービスですので気軽にでしょうか。
乳ガンでふと思い出すのは、紀州の華岡青州です。私も有吉佐和子さんの原作ではじめて知ったのですが、凄まじい物語がありますよね。なにせ麻酔を用いて、日本で初めて乳ガンの摘出手術を施したのですから。そしてその麻酔薬を完成させるため、母と妻を戦わせ、モルモットにしてしまいました。その結果、麻酔薬は完成したものの、妻のカエが失明ですから。なにごともその先駆者というものは、人間を超えた鬼のような修羅たちばかりのような恐ろしさを感じます。
私など仮に百度生まれ変わっても、凡人やそれ以下でしょう。
posted by さっぜさん at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。