2007年07月30日

7月30日 朝青龍(あさしょうりゅう)

横綱朝あお龍が、なにかと非難されていますね。確かにあれでは弁解の余地はありません。仮病を報告し、本国で元気いっぱい遊んでいたわけですから。しかも大事な巡業そっちのけでのことですから。いわば歌舞伎の金看板が、顔見世興行を無視し、ミュージカルにでもゲスト出演するようなものです。自分がお世話になっている大事な日本相撲協会を、自分が苦しめていますね。
もちろん協会側にも問題がありまして、仮に本場所期間中、横綱の調子が悪く序盤から負け続けた場合、怪我や病気を理由に休場させますね。いわば仮病がお休みの大義名分になりますね。ですから、届けを提出さえすればOKなんて錯覚するやもしれません。しかしそんなことが、この一件に通じるわけもありません。力士で最高の給金をいただいているわけですから、自分が巡業を盛り上げ、地方の相撲少年たちの夢を膨らませ、いい後継者を育てあげなければいけません。横綱の勇姿は、土俵の上だけで充分です。その他の遊びやレジャーは、可能な範囲で、自分だけのこととしていただければ。
posted by さっぜさん at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49707476

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。