2007年10月15日

10月15日 亀だ選手

亀だ選手のボクシングの試合が、各テレビ局で騒がしいですね。追放から猶予まで十人十色の意見でしょうが、厳しいものが大勢ですね。もちろん私も厳正な処分が望ましいと思います。協会から今日、正式の処分があるそうですが、厳しいものなのでしょう。なにせ、プロのボクシングのタイトル試合のはずなのに、まるでワンパクざかりの子供のケンカです。あれではプロ協会の面目はありません。やはりボクシングで勝ってくれないと、誰も認めてくれません。
そして、この三兄弟と実父のトレーナーさんの言動について、私ももう少しなんとか自制できないものかと首をかしげています。これが昭和三十年代の頃なら、そんなワイルドでラフな生き様が、アウトロー人生として支持されたかもしれません。そして、少年雑誌のド根性漫画のヒーローにもなりえたかもしれません。今の高尚な社会道徳の時代では受け入れたくありませんよね。格闘技ですから、リングや試合場での正当な破天荒は大喝采でしょうが、平時の口や身振り手振りのアピールは、漫才や万段にもならないと思うのですが。少年ですから、ボクシング少年法を適用したとしても、プロ社会でお金のかかった試合に関わる以上、支持される選手にならないと。
posted by さっぜさん at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。